トップページ  >  ニュース一覧  >  ニコラ・ファブレスとセバスティアン・ベルトが
アルパイン・トリロジーを1シーズンで完登

ニコラ・ファブレスとセバスティアン・ベルトが
アルパイン・トリロジーを1シーズンで完登

2020年9月6日

ベルギーのニコラ・ファブレスとセバスティアン・ベルトがヨーロッパアルプスの3本の8b+/5.14aのマルチ、通称”アルパイン・トリロジー”を2020年8月27日に完登した。1シーズンで登られるのはこれが初。両名とも全ピッチをオンサイトもしくはRPしている。

アルパイン・トリロジーとは以下の3本。
・End of Silence 11P 初登=トーマス・フーバー 1994年(ドイツ/フォイアーホルン、ベルヒテスガーデンアルプス)
・Des Kaisers neue Kleider(裸の王様)9P 初登=シュテファン・グロヴァッツ 1994年(オーストリア/ヴィルダーカイザー)
・Silbergeier 6~7P 初登=ビート・カマーランダー 1994年(スイス/レーティコン)

これまでにこのトリロジーを完登したのは、シュテファン・グロヴァッツ(2001年)、ハラルド・ベルガー(2005年)、バルバラ・ツァンガール(2013年)、ロビー・フィリップス(2019年)のみ。なお、ファブレスとベルトはルート間の移動に自転車を使用している。

さらにこの3本の成功後でも余力のあった二人は、8月末やはり自転車でアイガーにおもむき、北壁の最難ルートOdyssee(8a+,33ピッチ)をワンデイ、18時間で登った(難ピッチ以外はチームフリー)。

End of Silence のセバスティアン・ベルト
 
Des Kaisers neue Kleider のニコラ・ファブレス

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ