トップページ  >  ニュース一覧  >  ソン・サンウォン、Demencia Senil 9a+/5.15aに成功

ソン・サンウォン、Demencia Senil 9a+/5.15aに成功

2017年12月18日

文=北山 真

日本でもおなじみの韓国のトップクライマー、ソン・サンウォン(35)が、スペイン・マルガレフ・ラボラトリーセクターのDemencia Senil(9a+/5.15a)をレッドポイントした。トライは3セッション34日間。

2009年クリス・シャーマ初登のこのルートは、極端にオーバーハングしたバルジ状を、浅い1本指、2本指ポケットの連続で登り、最後に大ランジで締めくくるもの。アダム・オンドラが指を痛めたことでも話題となった。

第2登は指の強さでは定評のあるイケール・ポウ(2010年)、以後ラモン・ジュリアン(2010年)、ステファノ・ギソルフィ(2015年)、アレックス・メゴス(2015年、2撃!)そして今回のサンウォンに続く。サンウォンは指が細いため、核心のワンフィンガーがなかなか決まらなかったが、中指から薬指に変更したのが勝因だったという。
中指より薬指が太いということは考えにくい。中指メインだとほかの指を添えることは難しいので、薬指をメインに中指を添えたものと思われる(筆者注)。

サンウォンは特にコンペティターとして名高く、アジア選手権では4回優勝(2004、05、07、09年)、その内2回はリード、ボルダー両方での優勝である。2013年にはシウラナのLa Rambla 9aにも成功。本年7月にはソウルに自らの名前を冠した「ソン・クライミングジム」をオープンさせている。

そして驚くべきニュースがある。サンウォンは2018年のワールドカップシリーズに7年ぶりに参戦するというのだ。35歳といえば通常コンペ引退を考える年齢である。この勇気あるカムバックに注目したい。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ