トップページ  >  ニュース一覧  >  大西良治、ホールド欠損後の鴛鴦 四段+~を完登

大西良治、ホールド欠損後の鴛鴦 四段+~を完登

2021年2月26日

大西良治が2021年2月18日、湯河原幕岩・サンセットボルダーでホールド欠損後の鴛鴦を完登した。

鴛鴦(えんおう)は柴沼潤の初登でオリジナルのグレードは四段-。昨年1月に上部のホールドが欠け、多くのボルダラーの挑戦を退けてきた。大西はとりあえず四段+/V13とグレーディングしているが、完登には8日間を要しており、またタイプこそ違うが同日、ザイオンゲート(四段)を大西が1時間で登っていることから考察すると、五段あると考えるのが妥当と思われる。

「この課題は、元々はやさしめの四段(V12)だったようだが、キーホールドとなる右手のエッジが欠けて以来再登がなく、1グレード半以上難しくなったと言われていた。欠けた後のホールドは、一本指分だけわずかに掛かる極小豆粒エッジで、いかに小さいホールドを保持できるかという究極の指先保持課題。

トライ開始から4日目、豆粒との苦闘にまったく進展を感じず、諦めて帰り支度を始めるが、やっぱりもう少しだけ……と往生際悪く続けたトライで、思いがけず次の左手取りに成功。これにより一気に可能性が開ける。

その後は、岩と体のコンディションがなかなか合わず、さらに4日を費やすことになったが、8日目に次の右手取りにも奇跡的に成功し、完登を果たすことができた。グレードは定かではないが四段+(V13)はあると思われる。何はともあれ、この素晴らしい課題を復活させることができて感無量だ」

 

1. 次が問題のホールド

 

2. そのホールドを取ったところ

 

3. なんとか耐えて左手を出す

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ