トップページ  >  ニュース一覧  >  関東最大級の屋内型スポーツアスレチック施設 「グリーンアロートランポリンパーク 袖ケ浦駅前店」2019年8月8日にオープン

関東最大級の屋内型スポーツアスレチック施設 「グリーンアロートランポリンパーク 袖ケ浦駅前店」2019年8月8日にオープン

2019年8月8日

グリーンアロー株式会社(本社:千葉県船橋市 代表取締役:田上 桂一朗)は、関東最大級の屋内型スポーツアスレチック施設「グリーンアロー トランポリンパーク」を、2019年8月8日にグランドオープンとなるゆりまち袖ケ浦駅前モールにオープンした。

飛び跳ねるほど、「喜び」に満ちた時間を・・・。GREEN ARROW Trampoline Park

「グリーンアロー トランポリンパーク」は面積約1,500 ㎡、高さ約6mの施設に「トランポリン」「ロープコース」「クライミング」3種類のスポーツアクティビティと、「キッズエリア」「カフェエリア」 を併設。地域のファミリーからカップルや仲間と気軽に運動を思いっきり楽しめるスタイルの施設だ。

①「トランポリンエリア」

約250坪の専用空間に大小さまざまなトランポリンを並べ、充実のアクティビティを体感しながら、思いっきりジャンプを楽しめるエリア。

跳び面を大きく設けた「フリーJUMP」
対戦ドッチボールが楽しめる「ドッジボールJUMP」
大きなエアバックでバク宙に挑戦出来る「飛び込みJUMP」
障害物を飛び越える「チャレンジJUMP」
バランス感覚を養う「スラックライン」
壁を足で蹴りながら飛ぶ「ウォールJUMP」
関東初上陸!トランポリンと AR を融合させたゲーム型ジャンプ「VALO JUMP」など
ジャンプしながら様々なアクティビティに気軽に挑戦できる。

②「ロープコースエリア」

高さ約3mのエリアから11種類のロープアクティビティを楽しむことができるエリア。

落下防止のためハーネスを装着し、10種類の仕掛けを越えながら高所を渡っていき、最後には約20mのジップラインを爽快に挑戦することができる。大人でも子供でもスリルのある体験が安全に楽しめる。

③「クライミングエリア」

大人から子供まで気軽にクライミングを楽しむことができるエリア。

高さ6mのタワー型クライミングウォールに、国内では初となるALL-LEDホールドを導入予定。約10種類の難易度のルートにオートビレイ機で安全にクライミングに挑戦できる。

④「キッズエリア」
未就学児のお子様を対象としたキッズエリア。

”ネットジャングル ” “大型円形トランポリン
”スポンジプール“に飛び込める”クライムスライダー“を設置。
小さな子供でも安心して思いっきり体を動かしながら楽しむことができる。

⑤「カフェエリア」
「こだわりのコーヒー」を提供する専用カフェ店を併設。「グリーンアロー トランポリンパーク」利用者はもちろんのこと、同階層に出店されるフィットネスジム・英会話教室・保育園・音楽教室・学習塾などの利用者も利用できるくつろぎの空間が用意される。

施設概要

店舗名:グリーンアロートランポリンパーク袖ケ浦駅前店
所在地:千葉県袖ケ浦市袖ケ浦駅1-39-10 ゆりまち袖ヶ浦駅前モール2F
開業日:2019年8月8日(木)
店舗面積:約1,500㎡
業態:スポーツアスレチック施設

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ