トップページ  >  ニュース一覧  >  パラクライミングをテーマにした児童文学
「星くずクライミング」

パラクライミングをテーマにした児童文学
「星くずクライミング」

2019年11月22日

パラクライミングをテーマにした児童文学「星くずクライミング」が、くもん出版より出版された。

パラクライミングのさまざまな障害のなかで、本書は視覚障害にフォーカスしている。ほかのカテゴリーと違い視覚障害のクライミングには、ナビゲーターという特殊な役割をになう人間が必要となる。そんな視覚障害クライミングの持つ「パートナーシップ」という重要な要素が繊細に描かれている。クライミングネットやロック&スノーではおなじみのモンキーマジックが監修にあたっている。以下は『くもん出版』のHPより。

中学1年生のあかりは、小学4年生でスポーツクライミングに出会って以来、毎日のように練習を重ねてきたが、年明けの大会で、スランプにおちいってしまう。スポーツクライミングをやめてしまおうか、とまで考えていたあかりだったが、ひょんなことから、目の不自由な人たちのスポーツクライミング、パラクライミングと出会う。

ナビゲーターとクライマーが2人1組となり、ウォールをのぼっていくパラクライミング。目の不自由な人が本当に壁を登れるのか、と半信半疑な気もちだったあかりは、実際に壁をのぼっていくクライマーの姿を目にし、感動を覚える。

ナビゲーター役として体験イベントに参加したあかりが、ペアを組むことになったのは、同い年の昴というクライマーだった。態度も口も悪い昴のことを、はじめは嫌っていたあかりだったが……

『星くずクライミング』
著: 樫崎 茜
絵: 杉山 巧
出版社:くもん出版
版型:四六判、264㌻
本体価格: ¥1,300 +税(発売中)
対象:小学校高学年~中学生

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ