トップページ  >  ニュース一覧  >  豊田はるか(9)、御手洗の岩魚/三段を完登

豊田はるか(9)、御手洗の岩魚/三段を完登

2021年4月8日

2021年4月3日、豊田はるか(9歳、大阪在住)が奈良県・御手洗ボルダーの岩魚(三段)を登った。トライは5時間ほど。その後ターターシン(初段)も完登した。9歳で三段の完登は、最年少と思われる(※)。以下はお父様の豊田勝久さんのコメント。

ボルダリング歴は2年6か月です。今年1月から外岩クライミングを本格的にはじめました。今年中に初段を登ることを目標にしていましたが、予想より早く初段を登ることができたため、欲が出て、9歳中に二段以上を完登してみたいと思うようになりました。

4月3日に、奈良県天川村、御手洗ボルダーの岩魚/三段に初挑戦しました。スタート左奥のガバクラックは限定で直上するというルートです。初手は止まるものの2手目が止まらずこれに4時間苦戦しました。
先に上部のバラシをおこない、その後2手目の練習に集中し、4時間打ち込み続けて2手目が止まりました。2手目から3手目は1時間ほどのトライで上部につなげることができ、ゴールとなりました。その後、ターターシン/初段を完登し、引き上げました。

昨今の状況を鑑み、岩の課題を小学4年生の1年間はトライし続けたいと考えています。最近はコンペにも出ず、同年代のキッズクライマー達とも一緒に登るのを少し我慢しています。目の前にある岩と自身の限界に挑戦しつつ、自然の中で一体感を感じるクライミングを娘も気に入っています。

岩魚(三段)の3手目を止めたところ

※ 2021年4月11日追記 – 濱田琉碧(8歳)が2020年11月15日に湯河原・幕岩ボルダーのアナコンダ(三段)を登っていることが判明しました。お詫びして訂正させていただきます。

※※なお10歳では以下の記録がある。石井秀佳(幻の光/三段)、吉野惺太(岩魚/三段、冷酷/四段)、中村泉優(ハンター/三段)

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ