トップページ  >  ニュース一覧  >  イギリスのレオ・ホールディング、南極のスペクトラ峰に第2登

イギリスのレオ・ホールディング、南極のスペクトラ峰に第2登

2017年12月25日

 

Leo Houldingさん(@leo_houlding)がシェアした投稿

イギリスのレオ・ホールディング、フランスのジャン・ブルガン、ニュージーランドのマーク・セドンの3名が、南極大陸の中心にあるゴシック山塊のスペクトラ峰(2020m) を第2登した。

スペクトラ峰は南極点近くのゴシック山塊のオルガン・パイプ・ピークスの中心にある岩峰で、今回、彼らは南側の新ルートからトライする予定だったが、ルートの状態が悪かったことより、北側の初登ルートから登っている。

スペクトラ峰の初登は1980年のアメリカのマッグス&エドモンド・スタンプ兄弟によるもので、南極の真ん中に近いという場所的な要因、常に氷点下という環境的な要因から、長い間、第2登がいなかった。

レオたちはオルガン・パイプ・ピークスの稜線を縦走する予定だったが、天候が悪化したことより断念している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ