トップページ  >  ニュース一覧  >  リードワールドカップ開幕、波田悠貴が5位に入賞

リードワールドカップ開幕、波田悠貴が5位に入賞

2017年7月9日

文=北山 真 写真=小澤信太

リードワールドカップ2017が、7月7日、8日スイス、ヴィラールで開幕した。日本人は男子7名、女子3名が参加。
予選を通過したのは男子が波田悠貴、是永敬一郎、藤井快、女子は大田理裟のみだった。

写真=開幕戦5位という幸先よいスタートをきった波田悠貴

男子はヤコブ・シューベルト、アダム・オンドラが欠場、その穴を埋めるかのように新人で強い選手が数多く登場した。

3位に入賞したウクライナのフェディル・サモイロフを筆頭に、6位のドイツのクリストフ・ハンケ、9位のスウェーデンのハンネス・プマン、16位のイスラエルのユバール・シェムラは予選1を完登している(3名のみ)。

写真=今後が注目されるウクライナのフェディル・サモイロフ(20)

男子に比べ女子はそれほどニューカマーは多くはなかったが、イタリアのラウラ・ロゴラ(16)がデビュー戦でいきなり6位に入賞した。

ヤーニャ・ガーンブレッツはセミファイナルで珍しい3位という成績だったが、ファイナルではやはり別格の力を発揮、ただ一人の完登で締めくくった。

今後は本命ヤーニャ対抗アナーク・ヴェルホーヴェンが大かたの予想であるが、そこにミナ・マルコビッチとキム・ジャインの両ベテランがどう絡んでくるかが、シリーズのカギを握るかもしれない。

男子はロマン・デグランジュ(34)の安定感が増すばかり。
同じベテランといえばラモン・ジュリアン(35)がいるが、残念ながら往年の登りを求めるのは厳しくなってきた(それだけ過去がすごかったということでもあるが)。
ところがロマンはまだまだ成長しているかのように見える。すくなくとも今年の大本命であることには間違いないだろう。

男子

1 ロマン・デグランジュ FRA
2 ドメン・スコフィック SLO
3 フェディル・サモイロフ UKR
4 ヤン・ホイヤー GER
5 波田 悠貴
6 クリストフ・ハンケ GER
7 ヨルフ・ヴェルホーヴェン NED
8 ショーン・ベイリー USA
――
10 是永 敬一郎
12 藤井 快
32 樋口 純裕
33 野村 真一郎
38 中野 稔
42 清水 裕登

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレッツ SLO
2 ミナ・マルコビッチ SLO
3 アナーク・ヴェルホーヴェン BEL
4 キム・ジャイン KOR
5 ジェシカ・ピルツ AUT
6 ラウラ・ロゴラ ITA
7 ハンナ・シューベルト AUT
8 マチルド・ベセーラ FRA
――
20 大田 理裟
32 義村 萌
39 戸田 萌希

写真はすべてファイナル

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ