トップページ  >  ニュース一覧  >  第12回ボルダリングジャパンカップ2017。女子はユースの伊藤ふたばが初優勝、男子は藤井快が2連覇

第12回ボルダリングジャパンカップ2017。女子はユースの伊藤ふたばが初優勝、男子は藤井快が2連覇

2017年1月29日

20170129_news_bjc
 
東京・国立代々木第二体育館(写真=セブンエー)

文=北山真 写真=萩原浩司

ボルダリングジャパンカップ2017が1月28日、29日、国立代々木第二体育館で開催された。

    女子予選は森秋彩、小武芽生がそれぞれのグループで1位通過、伊藤ふたばが5位と、初日から世代交代の予兆があったが、野中生萌、加島智子が3位、野口啓代が5位と本命選手たちも上位につけた。

    準決勝では野口がさすがの貫録で全4完登で1位。もう一人の全完登はなんと森で、リーチのハンデをものともしない、この大会中最高といえるパフォーマンスを魅せ、野口とのアテンプト差たったの”1″で2位につけた。

    6名中3名が中学生となった決勝では伊藤が大ブレイク、3連続完登で第4課題をむかえる。野口、野中、森はそれぞれ第3課題目まで2完登。最終課題での逆転にかける。しかし第4課題は今大会最難の課題。全員がボーナスすらとらえることはできず、伊藤がそのまま逃げ切りの優勝となった。

    伊藤、森、そして、もうひとりの中学生、山形の工藤花。2020年のオリンピック出場を予感させる選手たちといえよう。

    20170130_news_bjc04
     
    史上最年少優勝を果たした伊藤ふたば。柔軟性にパワーを兼ね備えた登りで会場を魅了した

    >>男子予選は珍しくやさしめで、A,B両[つづきを読む]


 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ