トップページ  >  ニュース一覧  >  ジャパンブランドのクライミングシューズ 「浅草クライミング」が発売決定!

ジャパンブランドのクライミングシューズ 「浅草クライミング」が発売決定!

2017年7月11日

sponsored by 浅草クライミング 

欧米が中心のクライミング市場に、ついにジャパンブランドが参入することになった。

浅草を拠点にシューズの開発・製造を行なう(株)ブルームオブビューティと知人のクライマーの方々と共同開発。製造が困難といわれていたソールも独自で開発し、4モデルを一挙にラインナップする。待望のジャパンブランドクライミングシューズ、開発のきっかけや概要についてブルームオブビューティ代表の都筑理さんに話を聞いた。

――新しいシューズの概要を教えてください

発売するのは4モデル、レンタルと初心者用は日本人の足型で作成して履きやすさを重視したベルクロタイプです。

中・上級者用はかかと周りを日本人の足型に合わせて作成しています。各モデルとも男性用・女性用を用意しています。また、ソールはオリジナルのソールです! 期待してお待ちください。

 

――発売予定はいつ頃ですか

2017年11月中旬です。

――サイズ、カラーバリエーションなどを教えてください

カラーバリエーションは、各モデルとも2色ずつの展開です。 サイズは、22cm~31.5cmを予定していますが、皆さんからのご要望もお聞かせいただけるとうれしいです。

――PRポイントはどこですか

第一に、アジアの人たちにフィットする木型であることです。アジアの人たちの足型は欧米の人たちに比べ、甲高幅広ということは多くの方がご存知だと思います。

しかし、この課題はベルクロやレースアップである程度解決できます。解決できないのはかかとの大きさの違いです。アジアの人たちは欧米人と比較すると「かかとが小さい」のです。これはシューズの形になってからでは解決できませんので、木型から手を加えています。

第二に、ビジュアル的に「JAPAN」をイメージさせる色と柄を用いています。

第三に、ゴムメーカーと共に開発した、オリジナルソールです。

 

 

――浅草クライミングの由来はありますか

将来的にグローバル展開を目指します。そのときにJAPANブランドであることがわかるブランド名であることを重視しました。そして浅草はシューズの誕生にゆかりのある土地であること。この2点から名付けました。

――クライミングシューズを作ろうと思ったきっかけは何ですか

きっかけは、昨年11月頃に浅草の革メーカーさんと話をしているなかで、私の知り合いにクライミングをしている人間が何人もいるので、その人たちの意見をききながらクライミングシューズを作るのはどうだろう?という軽いノリでした。

私は長く靴の業界におりますが、登山やクライミングの経験はなかったので、さまざまな方にご協力いただき今に至っています。

――製作する上で特にこだわったポイントはありますか

サンプルを知り合いのクライマーの皆さんに試してもらい、 改良を重ねています。 1、初心者用はワイズを重視して履きやすい木型、素材 を採用すること。
2、中・上級者用はすでに履いてるクライミングシューズに足が慣れているので、機能を向上させる木型とオリジナルソールを使用。 この2点にこだわって、さらに修正を加えています。

特別企画! シューズロゴアンケート

※アンケートは終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

お問い合わせ先 (株)ブルームオブビューティ 浅草クライミング事業部
電話番号 090-1801-7218
メールアドレス info@bloom-of-beauty.co.jp

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

杉滝岩

東屋はありますが、10月中頃~雪解けまで解体され使えなくなります。 以前、東屋にクライミ...

白峰ボルダー

2016年 9月 25日 Stepオーナー 百万貫岩自体は、例の件もあるので登攀しないでください...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ