検索結果

"是永敬一郎" で検索した結果、の記事が見つかりました。

文=北山 真 写真=小澤信太 3月3日、4日、埼玉・加須市民体育館においてリード日本選手権が行われた。今年はこの大会が唯一の日本代表選考の大会となる。参加は男子73名、女子46名。 3日の予選は比較的登りやすい設定で、男子12名、女子8名が2ルートを完登した。以下成績により男女それぞれ26名が翌日のセミファイナルへと…

https://www.climbing-net.com/news/20180304/

文=北山 真   写真=小澤信太 11月11日、12日にリードワールドカップ最終戦がスロベニア・クラニで行なわれた。日本からは男子8名、女子5名が参加したが、残念ながら決勝に進出した選手はいなかった。 今回も同高度付近で多くの選手が落ちる、通称“ダンゴ”状態が見受けられた。最も顕著だったのが女子セミファイナルで、26…

https://www.climbing-net.com/news/wcup_171113/

文=北山 真 写真=小澤信太 10月14、15日、中国・シアメン(アモイ/厦門)でリードワールドカップ第7戦が行なわれ、男子で是永敬一郎が優勝した。 金メダルを手にする是永敬一郎 初出場した2012年印西大会から5年、これまでの自己ベストは昨年のヴィラール、今年のシャモニーの2位であった。男子のリードワールドカ…

https://www.climbing-net.com/news/w-cup_xiamen_171016/

是永敬一郎が9月1日、小川山のメランジ(5.14b/c,ホールド欠損前のグレード)に成功した。トライは約5日間。 通算では小山田大、松島暁人、新田龍海、小澤信太に続く第5登。ホールド欠損後は小澤に続く第2登となる。是永は体感グレードを8c(5.14b)とコメントしているが、ホールド欠損後明らかに難しくなっているはずなの…

https://www.climbing-net.com/news/170902/

文=平山ユージ  写真=山本浩明 8月5日、6年目を迎えたBase Camp Rock Festivalは参加230名。そして大勢の観客の皆様に来場頂き盛大な開催となった。 今年の目玉はやはり男女のオープンクラス。今シーズン好調の男子リード日本代表でワールドゲームズ金、銀に輝いた是永敬一郎、波田悠貴、そしてリード…

https://www.climbing-net.com/news/basecamprockfestival_170806/

文=北山 真  写真=小澤信太 7月12日、13日、リードワールドカップ2017第2戦がフランス・シャモニーで開催された。日程が通常のワールドカップと違い週末でないのは、ファイナルを7月14日の建国記念日(パリ祭)の前夜祭として行うため。 毎回多くのギャラリーを集めるシャモニー大会 男子予選は前代未聞のやさしめ…

https://www.climbing-net.com/news/worldcup_chamonix_170714/

文・写真=小澤信太 周囲にそびえ立つ岩山が夕日で赤く染まろうとするなか、リードワールドカップ第二戦ヴィラール大会の決勝が行なわれた。 ドメン・スコフィックやゴーティエ・シュペールの優勝候補がセミファイナルで敗退しており、下馬評ではヤコブ・シューベルトの優勝が有力視されていたが、私は…

https://www.climbing-net.com/news/%ef%bc%bb%e8%a9%b3%e5%a0%b1%ef%bc%bd%e6%98%af%e6%b0%b8%e6%95%ac%e4%b8%80%e9%83%8e%e3%81%8c%e6%ba%96%e5%84%aa%e5%8b%9d%ef%bc%81-ifsc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89/

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ