トップページ  >  スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017。女子は野口啓代が6度目の優勝、男子は中野稔が念願の初優勝(2)

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017。女子は野口啓代が6度目の優勝、男子は中野稔が念願の初優勝(2)



 
決勝ルート、クロスでのテクニカルなムーブ

男子準決勝は中野、緒方良行(19)、是永敬一郎(21)の3人が完登。加えて2016年のボルダリングの世界覇者・楢崎智亜(20)らが決勝へ進んだ。実力が拮抗し、だれが優勝してもおかしくない状況のなか、決勝は各選手とも序盤から手こずる難課題。中盤あたりで力尽きる選手が続いたが、2位に入った楢崎は持ち味のスピーディかつダイナミックな登りで難所を突破した。さらに到達高度を一手進めて勝利をものにしたのは中野。8分の制限時間をめいっぱい使い、難所のムーブも的確に修正しながら、慎重で丁寧な登りを見せた。粘りに粘った魂の登りに、会場は大いに沸いた。

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会201 リザルト

◇男子 >>全選手順位 pdf
1   中野 稔(広島県)
2   楢﨑 智亜(栃木県)
3   波田悠貴(埼玉県)

4   緒方 良行(福岡県)
5   沼尻 拓磨(茨城県)
6   是永 敬一郎(埼玉県)

◇女子 >>全選手順位 pdf
1   野口 啓代(茨城県)
2   大田 理裟(山口県)
3   森 秋彩(茨城県)

4   伊藤 ふたば(岩手県)
5   田嶋 あいか(三重県)
6   小林 由佳(茨城県)

>>ニューストップへ戻る

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ