トップページ  > これからはじめる方へ  >  ロープを使ったクライミングもやってみよう

ロープを使ったクライミングもやってみよう


ボルダリングで登り方の基本がわかったら、次はロープを使ったクライミング(ルートクライミング)にも挑戦してみましょう。ルートでのクライミングは、クライマー(登る人)と、ビレイヤー(クライマーが墜落しないようにロープを確保する人)がペアになって行ないます。
 
ルートクライミングには、トップロープとリードクライミングの2種類がありますが、ここでは、クライマーが常に上から確保されていて、より安全度の高いトップロープでのクライミングを楽しみます。

 

課題のグレード(難易度)

 


 
ボルダリングは級で難易度が表されていましたが、ルートクライミングは、小数点のついたデシマルという数字で表されます。
 
そして5.10以上は数字のほかにa、b、c、dがついて、さらに細かく表示されます。つまり、5.7より5.8、5.9が難しく、5.10aより5.10bのほうが難しいというわけ。
 
難易度は大抵、課題のスタート地点に書かれています。初めは5.7、5.8くらいから登ってみるといいでしょう。

 

トップロープの登り方

 


  •  
    ハーネスを正しく装着しているか、ロープは正しく結ばれているか、お互いに確認する。


  •  
    クライマーはビレイヤーに「登ります」と声をかけ、「どうぞ」という返事をもらってから登り始める。


  •  
    このジムの場合はボルダリングと同様、同じ色、同じ形のテープがつけられたホールドだけを使って登っていく(ジムによって課題の表示方法が違うので、わからなかったらスタッフに確認しよう)。


  •  
    ゴールを目指して登っていく。高くなっても落ち着いて。

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ