トップページ  > クローズアップ > トレーニング一覧  >  保持力向上法(2)

保持力向上法(2)


力の限界に近い課題を登るには、極力足数を減らして無駄を省くことが有効だ。足を乗せ替える「踏み替え」を減らすと、無駄のない美しいムーブの流れを作れる。バタバタと踏み替えて登るよりカッコいい!

左の例では左手でホールドを取りにいくとき、右足で軸を作り、左足は右に流してバランスをとる。この状態で体を支持するにはホールドをしっかり保持しなければならず、保持力がアップする。足数が減るため、難しいセクションを素早く切り抜ける力もつく。

 

初級者が登るレベルの課題は持ち替えられるホールドが多いが、あえてクロスムーブや送りムーブでトライしよう(持ち替えを前提に設定されている課題は除く)。

たとえガバホールドであっても、両手を同じホールドに添えたり、持ち替えたりせずに登ると片手で保持することになり、保持力強化になる。また、ムーブのバリエーションを増やすことにもつながる。

 

強くなろう!
うまいクライマーは、人を感心させるが、強いクライマーは、人に感動を与える_____。

甘いとおっしゃる方も大勢いることと思いますが、私の価値観はこの言葉に集約されています。 フリークライミング(ボルダーを含む)は墜落することが前提にある遊びです。何度失敗しても、何度落ちても立ち上がり、前を向きましょう。その過程こそが、クライマーを心身ともに強くします。自らと向き合うクライミングというスポーツにおいて、いちばん大切なことは楽しむ心です。楽しむためには困難にもくじけない強い心が必要です。みなさん、強さを目指し、クライミングを楽しんでください。

 

講師=加藤 毅 写真=後藤匡人 文=小林由理亞
モデル=縄重未来 取材協力=エイペックス・クライミングジム

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ