トップページ  > これからはじめる方へ  >  まずは、ボルダリングから体験!ルールは?

まずは、ボルダリングから体験!ルールは?


ボルダリングはルートクライミングより高さが低く、手軽に始められます。まずはボルダリングの基本的なルールを知っておきましょう。

課題のグレード(難易度)

 

壁には、初級から上級までいろいろな難易度の課題(ルート)が設定されています。PUMPでは写真のように12段階に分かれていて、級の色が壁のテープの色と対応しています。
 
初めはいちばんやさしい紫色(10、9級)から挑戦し、それが登れたら次のピンク(8級)、というように、徐々にレベルアップしていきましょう。
 
このジムの場合、初めての男性だと、登れてもだいたい7、6級、女性は8、7級くらいだそうですよ。難易度は大抵、壁のわかりやすいところに張られていますが、表示方法はジムによってかなり違います。わからない場合はスタッフに聞きましょう。

完登のルール

 

いちばんやさしい課題・紫色(10、9級)を登ってみましょう。手は、紫色の同じ形をしたテープが張ってあるホールドだけを使って登っていきます。PUMPの場合、やさしい課題は「足自由」で設定されていて、足はどのホールドに置いてもOK。

 

 

 

 

  • テープに「S」と書いてあるホールドがスタート。このホールドに両手を掛け、置きやすいホールドに足を乗せます。

  • 地面から足が完全に離れた姿勢でスタート。次のホールドに手を掛け登っていきます。

  • 足位置を上げながら、また次のホールドに手を伸ばして……。

  • この大きなホールドは、どこに手を掛けてもOK。

  • 「G」と書いてあるホールドがゴール。このホールドを両手で保持できたら「完登」です!思ったよりカンタンでしょ!

  • 「完登」したら安全な高さまで、ホールドをつかみながらゆっくり降ります。降りるときはどのホールドを使ってもOK。慣れてきたら、安全な高さからマットの上に飛び降りてもOKです。

ボルダリングをするときのNG!

 

  • マットの上に座らない

    マットの上に座り込んで、登っている人を見たり、おしゃべりしたりするのは危険。いつ人が落ちてくるかわかりません。マットの上で休憩するのはNGです。

  • 同時に同じ壁に登らない

    ひとつの壁に取り付くのはひとりだけ。写真のような状態で上の人が落ちたら、とても危険です。スタート地点が離れていても、途中でルートが交差する場合も。ほかのクライマーに接近・接触しないよう、登る前にほかのクライマーやルートをよく確認してからスタートしましょう。

  • 着地に注意

    飛び降りるときは、マットの内側に足が着地するように。マットとマットの間、マットと壁の間に足が入ってしまうと、捻挫や骨折をする危険があります。

  • ボルトの穴に指を入れない

    ホールドを固定するボルトの穴に指を入れないように。もし、この状態で足が滑ったら、骨折、ひどい場合は指を切断してしまう恐れがあります。

 

【PR】ボルダリングをはじめるなら、まずはこの一冊!

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ