トップページ  >  アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第3回はニュウトロレース!

アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第3回はニュウトロレース!


高いフリクション性能で話題のアンパラレルから、ニューモデルが登場!今回はヴィム、ニュウトロレース、ニュウトロVCSの3モデルを約3週間にわたって履き、その性能を徹底的にチェックしました。

最終回の今回はレースタイプの「ニュウトロレース」を紹介します。

【関連記事】
アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第1回はヴィム!
アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第2回はニュウトロVCS!

写真・文=佐川史佳

幅広な足にもフィットする新しい足型

シューズを作る際に使われるのが足型(ラスト)でして、この形がユーザーの足に合っていれば快適な履き心地となります。ニュートロに採用されているラストは、やや幅広で甲の高さもあるのでボリュームのある足でも快適に履けます。日本人は、なぜか「だんびろ甲高」だと思い込んでいる方が多いと言われていますが、実際はそれほどではないようです。ニュートロは“幅広”といえるほどではなく、同社の他モデルに比べれば広いくらいです。幅の広すぎるシューズは厳しいエッジングには耐えられず横ズレしてしまうので、購入するときには注意しましょう。


やや幅広で甲の高さもある足型(ラスト)が採用されている

エッジング&ヒールフックならレース

エッジングとヒールフックを重視するのであればレースを選びましょう。これはレースアップ全般に言えることですが、つま先までしっかり締め付けられるぶんエッジングに強いシューズになっています。VCSと比べると若干ミッドソールがハードに感じ、意図的に差別化を図っているのかと推測しています。また、ソール自体は薄く、足裏感覚はあるので、安心して立ち込めるのが一番の魅力かもしれません。 加えて、足の拘束力が高く、ヒールフックをガッチリ掛けても脱げそうな感じがしないのもレースの利点です。よりしっかりとヒールフックを掛けたいときは、一番上の“はと目”までレースを通しましょう。

エッジングとヒールフックに強いニュウトロレース

シビアなフットホールドでの立ち込みに向いているので、どちらかといえば岩場でおすすめしたい一足です。

花崗岩やチャートの岩場で、どうしても落としたいルートや課題がある人は、一度、履いてみましょう。

商品に関する問合せ先

株式会社キャラバン
電話 03-3944-2331
Official HP  https://www.caravan-web.com

佐川史佳プロフィール

フリークライミング歴20年以上。 ボルダリングをはじめ、リード、トラッド、アルパインクライミングとオールラウンドに活動。2005年より山と溪谷社にて『山と溪谷』『ROCK&SNOW』『CLIMBING joy』などの編集を手掛ける。その傍ら、インストラクターとしてクライミングの振興に貢献。近年は、テレビ番組『Let’s クライミング』(NHK BS1)の監修、出演など幅広く活動中。埼玉県春日部市のボルダリングジム、ビースリー春日部(http://bouldering-b3.main.jp/)のオーナーでもある。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ