トップページ  >  アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第1回はヴィム!

アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第1回はヴィム!


高いフリクション性能で話題のアンパラレルから、ニューモデルが登場!今回はヴィム、ニュウトロレース、ニュウトロVCSの3モデルを約3週間にわたって履き、その性能を徹底的にチェックしました。

今回はスリッパタイプの「ヴィム」を紹介します。

【関連記事】
アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第2回はヴィム!
アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第3回はニュウトロVCS!

写真・文=佐川史佳

まずはフリクションを確認!

クライミングシューズに求める性能は、フィット感、ヒール・トウフックのきまりやすさ、デザインと様々ありますが、フリクションは何よりも優先されるところではないでしょうか。

滑らないソールに定評のあるアンパラレルのなかでも、ヴィムにはRSという高フリクションラバーが使用されているので、とにもかくにも“どれだけ粘るのか”をチェックしてみました。方法は単純、デュアルテクスチャホールドのあの忌々しいツルツル面を踏むのみ。


ツルツルに磨かれたフットホールドにも有効な高フリクションラバーを使用

カタログにRS「高フリクションラバー。低荷重でもシビアなフットホールドに対してフリクションを発揮」とある通り、他社のラバーよりフリクションがいいことは明らかです。例えば、石灰岩のツルツルに磨かれたフットホールドには、かなり優位に働きます。

強傾斜に強い素足感覚のヴィム

ハイエンドモデルといえば1本締めベルクロ全盛のいま、ヴィムはあえてのスリッパタイプです。気負わずに、しかし本気で登りたいクライマーには注目のモデルではないでしょうか。ヒールフックはベルクロやレースアップのようにできないのは“言わずもがな”ですし、着脱もちょっと気合がいりますが、シンプルな構造はミニマムを志すフリークライマーにぴったり(ヒールフックの性能は決してわるくないですが、同社の他モデルと比べてという話です)。

リズムよくホールドを蹴って登るクライマーにおすすめのヴィム

やはり最も機能性を発揮するのは強傾斜です。体が伸びきっても足を残したいとき、ヴィムのつま先はホールドを放しません。シューズ全体がやわらかいので、ホールドを掴むようにつま先を曲げてかき込んだり、反らせてトウフックしたりと、ホールドに足を絡めて登るのに最適です。

じっくりフットホールドに荷重して登るより、リズムよくホールドを蹴って登るのに向き、スピーディでキレのある登りをするクライマーにおすすめしたい一足です。

関連記事:アンパラレルの新作3モデルをチェック – 第2回はニュウトロVCS!

商品に関する問合せ先

株式会社キャラバン
電話 03-3944-2331
Official HP  https://www.caravan-web.com

佐川史佳プロフィール

フリークライミング歴20年以上。 ボルダリングをはじめ、リード、トラッド、アルパインクライミングとオールラウンドに活動。2005年より山と溪谷社にて『山と溪谷』『ROCK&SNOW』『CLIMBING joy』などの編集を手掛ける。その傍ら、インストラクターとしてクライミングの振興に貢献。近年は、テレビ番組『Let’s クライミング』(NHK BS1)の監修、出演など幅広く活動中。埼玉県春日部市のボルダリングジム、ビースリー春日部(http://bouldering-b3.main.jp/)のオーナーでもある。

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ