トップページ  >  ニュース一覧  >  【PR】横山勝丘、待望の著書『アルパインクライミング考』

【PR】横山勝丘、待望の著書『アルパインクライミング考』

2015年12月17日

海外のジャーナリストからも動向が注目されているクライマー横山勝丘の初の著書、『アルパインクライミング考』が発売されました。

東京新聞発行(当時)の月刊誌『岳人』に3年間にわたって連載した「アルパインクライミング考」を大幅に加筆、改編した第1章と、『ROCK&SNOW』、米雑誌『Alpinist』など各種媒体に発表した登攀記録を集めた第2章で構成。出版社の枠組みを越えて、現代のアルパインクライミングについて語り尽くした1冊です。

「この壁を見て登らないのは、クライマーとしてどうなんだ?」
舞台はアラスカ、ヒマラヤ、パタゴニア、そして日本。 本書はアルパインクライミングという〝異界〟への招待状。

アルパインクライマーはもちろんのこと、日頃はジムでのボルダリングのみを楽しんでる方にも、ぜひご一読いただきたい内容となっています。フィールドは違えど、登ることに面白みを見いだし、「クライミング」を楽しむ者として、視野を広げるきっかけになることでしょう。また、独自の視点で対象となる山岳、ルートを探し出し、少人数の限られた予算のなかで夢を追い求めるアルパインクライマーたちの価値観や、世界のクライミング文化を知ることができるはずです。

本文中に出てくる山名や地名、人物、専門用語に丁寧な注釈がついているのも、本書の特徴です。著者自身のエピソードを交えた、ちょっと笑えて、わかりやすい解説のおかげで、アルパインクライミングの知識がなくても読みやすい一冊になっています。

本書の第1部から、「はじめに―― いまぼくがあるは、みんなが語り、書いてくれたたまもの」の8ぺージが閲覧できますので、ぜひお読みください。そして続きは、本書を手にとってお楽しみいただけると幸いです。

 

>>アマゾンでの購入はこちらから
>>楽天BOOKでの購入はこちらから

>>電子版をKindleで購入はこちら(¥1,280円+税)
>>電子版を楽天で購入はこちら(¥1,280円+税)

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ