トップページ  >  ニュース一覧  >  へイドゥン・ケネディ、マルコ・プレゼリら、インド・カシミールヒマラヤで新ルート開拓

へイドゥン・ケネディ、マルコ・プレゼリら、インド・カシミールヒマラヤで新ルート開拓

2015年12月28日

アメリカのへイドゥン・ケネディ、スロベニアのマルコ・プレゼリ、アーバン・ノバク、 フランスのマニュ・ペリシエの4名が、インド・カシミールヒマラヤのセロ・キシュトワールの東壁とチョモチョイル南稜から、それぞれ新ルートで登頂した。

最初にリッジ系のルートであるチョモチョイルの南稜から取り付き、新雪に苦労し、予想より時間がかかるも、4日で完登した。チョモチョイルは 1988年の初登以来、長らく封鎖されていたため、今回の彼らが第2登となる。フランスのマニュは肺の痛みを訴えたため、ベースキャンプで療養しており、チョモチョイルには登っていない。

続いてセロ・キシュトワールの北東壁に取り付く。壁の状態は比較的良く、岩が中心のミックスルートを3日で完登している。ルート名は”Light before Wisdom(ED+ 1200 m 5.11, WI6, M6, A2)”としている。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ