トップページ  >  ニュース一覧  >  コンペに参加してみよう! 東京ドームシティ『スポドリ!CUP 2016』

コンペに参加してみよう! 東京ドームシティ『スポドリ!CUP 2016』

2016年5月24日

 東京ドームシティの屋内型スポーツ施設「スポドリ!」のボルダリングエリアにて、クライミングウォール全面ホールド替えにともない、6月19日(日)に豪華なルートセッター陣を迎えて記念コンペが開催される。

一般の「スポドリ!ボルダリング会員」(※下記詳細)が対象のコンペで、予選はカテゴリー分けはせず75分間を参加者全員でトライ。完登した課題を自己申告でポイント計算。決勝は、予選の総合順位をもとに3つに分け(得点、人数などを考慮)上級・中級・初級とし、上位7名で競技が行われる。

上位入賞者には豪華賞品が贈呈され、参加者全員に参加賞が用意されている。申し込みは6月13日(月)までだが、定員になりしだい受付終了。参加を考えているクライマーはお早めのエントリーを!

詳細は下記のほか、東京ドームシティの公式サイトへ。

20160523_news_spodori

スポドリ!CUP2016 概要

日程:6月19日(日)
タイムスケジュール:※当日の進行状況により変更あり
   8:00~9:00 受付
   9:00~9:20 開会式・ルール説明
   9:30~10:45 予選
  11:45~11:55 決勝進出者アイソレーションOPEN~CLOSE
  12:15~13:30 初級カテゴリー決勝
  13:50~15:05 中級カテゴリー決勝
  15:25~16:40 上級カテゴリー決勝
  17:00~     表彰式
  17:30      終了予定

主催:株式会社 東京ドーム
協賛:MAMMUT SPORTS GROUP JAPAN 株式会社
参加資格
  ・スポドリ!ボルダリング会員(当日入会可)
  ※当日ご入会の方はホームページより当施設会員登録申込書をプリントアウトし事前に必要事項をご記入の上、当日受付にお持ちください。
  ・ボルダリングのルールを理解している経験者
  ・ジャパンカップ、国体、BLoCなどでの決勝進出者、またはそれに準ずるレベルの方は参加対象外
参加費:4,000円(税込み)※当日受付の際にお支払い※TDポイント対象外
申込方法:電話または直接フロントにて
締め切り:6月13日(月)※または定員になりしだい受付終了

カテゴリー
【予選】:カテゴリー分けなし
【決勝】:予選結果をもとにした、初級・中級・上級の3カテゴリー

競技方式
【予選】:セッション方式
カテゴリー分けはせず全員でセッションを行ない、各グレードに付いたポイントの合計で競う
 ※定員70名程度:予選ラウンド75分
 ※課題完登数のポイントによる合計自己申告制
 ※大会当日のみ粉チョーク(チョークバッグにチョークボール必須)の使用可

《決勝進出者の選定方法について》
予選の総合順位をもとに参加者総数をほぼ等しく3つに分け、上級・中級・初級とする。各カテゴリー上位7名が決勝進出。ただし、得点に大きな開きがある順位でカテゴリーを区切る場合あり。
※選定方法は”運”に左右される場合がありますので、ご了承のうえご参加をお願いします

【決勝】:サドンデス方式
・決勝進出者7名で1課題目をトライし上位5名が2課題目に進む
・同様に2課題目を5名でトライし上位3名が3課題目に進む
・3課題目を3名でトライし上位2名が決勝課題に進む
・決勝課題は1対1で最高到達点を競い順位を決定する
・各課題3分(オブザベーション含む)で完登数および最高到達点で競う
  ※最高到達点が同じ場合は予選の結果をもとに順位を確定

ルートセッター(※予定)
遠藤由加 飯山健治 岡野寛 室井登喜男 永田乃由季 松島由希

表彰
各カテゴリー 1位~3位に賞品(※参加賞あり)

■申込み・問合わせ先
スポドリ!
TEL:03-3812-4415
担当:橋口

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ