トップページ  >  ニュース一覧  >  ボルダリングワールドカップ第3戦で楢崎智亜が初優勝

ボルダリングワールドカップ第3戦で楢崎智亜が初優勝

2016年5月2日

文=北山真 写真=星高子

20160502_news_wcc01_
 
男子 表彰台

20160502_news_wcc02
 
女子 表彰台

IFSCボルダリングワールドカップ2016 第3戦 中国重慶大会が、4月30日、5月1日に行なわれ、日本選手は男女合わせて5人が決勝に進出した。

男子は楢崎智亜が初優勝、決勝でただ一人3完登という文句なしの優勝であった。藤井快が4位。

女子は野口啓代が準優勝、野中生萌が3位、小武芽生が4位という成績を収めた。優勝はまたまたショウナ・コクシー、昨年のミュンヘンから4連勝である。

ボルダリング ワールドカップ 中国重慶 リザルト

◆男子
1   楢崎智亜
2   ヤン・ホイヤー(GER)
3   チョン・ジョンウォン(KOR)
4   藤井快
5   アレクセイ・ルブツォフ(RUS)
6   ヨルグ・ベルホ-ベン(NED)

13   堀 創
18   杉本 怜
20   藤脇祐二
21   山内 誠
23   緒方良行
25   高田知尭
    渡部桂太
39   中野 稔
43   清水 淳
◆女子
1   ショウナ・コクシー(GBR)
2   野口啓代
3   野中生萌
4   小武芽生
5   カロリーネ・ズィンフーバー(AUT)
6   モニカ・レッツィ(GER)

14   尾上 彩
19   小林由佳
23   田嶋あいか
24   坂本朱里
35   大場美和

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ