トップページ  >  ニュース一覧  >  ラウラ・ロッゴーラ15才、女性最難ルート初登

ラウラ・ロッゴーラ15才、女性最難ルート初登

2017年2月2日

Harriet Ridley/rockandice.com 訳=羽鎌田学

15才のラウラ・ロッゴーラは、ローマ近郊の岩場コッレパルドで、4日間のトライの後、”La Gasparata” (5.14c/d)を初登した。これは女性クライマーの手によって達成された最難初登ルートのうちの一本として候補にあげることができるだろう。この成果によって、ラウラは若手最エリートクライマー集団の一員としての地位を確固たるものにした。世界のクライミングシーンのなかで若きスーパースターとして早くも名声を得つつあるラウラ、先日1月22日(日)に、自身のインスタグラムに次のようにアップしている。

 

>>グレード比較表

「今日、ケイブのエリアの難しいプロジェクト、登ったわ! 名前は”La Gasparata”。初めてトライしたときはめちゃめちゃ難しく感じたけど、今日の4回目のトライはもうものすごくうまくいって、終了点のチェーンにちゃんとクリップできたの。グレードを決めるの難しいけど、いろいろ考えて8c+/9aにしてみたわ。でも誰か登って確かめてほしいわ」

ラウラの1月はほんとうに忙しい一カ月だった。1月初旬のスペイン、オリアナへのクライミングツアーでは3本の5.14bから5.14cのルートを登ることができた。このうちの2本の5.14b、テクニカルなロング・ルート”T1-Full Equipe”と50m長のパワー・エンデュランス系のテストピース“Fish Eye”は、2日間でゲット。そしてツアー最終日には”Joe Blau” (5.14c)に成功している。

昨年3月にはイタリアの岩場スペルロンガのAeronauta Caveで、リンクアップ・ルート”Grandi Gesti”(5.14d)をレッドポイントし、同グレードを初めて登ったイタリア人女性、世界で2番目に若いクライマーとなった。同ルートは2009年にジャンルーカ・ダニエーレによって初登されたものだ。現在、彼女はイタリア選手権のリードとボルダー両部門でのタイトル保持者であり、中国・広州で行なわれた2016年クライミング世界ユース選手権では3位の成績を収めている。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ