トップページ  >  ニュース一覧  >  リードワールドカップ2016最終戦クラニ

リードワールドカップ2016最終戦クラニ

2016年11月28日

文=北山 真 写真=小澤信太、木村伸介

201561128_news_wc08
 
決勝の波田悠貴

11月26日、27日、リードワールドカップ2016の最終戦が、スロベニア・クラニで開催され、日本からは男女7名ずつが参加した。男子は全員が予選を通過、波田悠貴が初の決勝進出を果たした。女子は4名が予選を通過、野口啓代と小林由佳が決勝にすすんだ。

男子決勝はスタート早々に厳しい部分があり、波田はこれをこなすことが出来なかった。その後も多くの選手が同高度となり、ここを越えたのはセバスチャン・ハレンケとドメン・スコフィックのみだった。ハレンケはただひとり上部に達し、スコフィックに大差をつけ初優勝に輝いた。

女子では野口が最高のパフォーマンスを見せ、ランキングトップのヤーニャ・ガーンブレット、ベテラン、ミナ・マルコビッチを僅差で抑え2位に入賞した。ボルダリングのイメージが強い野口だが、そもそもの世界デビューは2005年世界選手権、初出場で3位となったのはリードだった。小林由佳は7位、今シーズンの小林はコンスタントに上位に入賞、年間ランキング6位となった。

201561128_news_wc01
 
決勝の野口啓代

201561128_news_wc03
 
決勝の小林由佳

2016年間チャンピオンはスコフィックとガーンブレット、男女ともにスロベニアが栄冠を手にした。

リード、ボルダー、スピードの総合(コンバイン)では、藤井快が3位に、野口啓代が2位に入賞した。ただ、水を差すわけではないが、このランキング、1回でも他種目に出場すればその対象となるというもので、まだまだ検討の余地があるのではないだろうか。

>>クラニ リザルト、年間ランキングを見る


最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ