トップページ  >  ニュース一覧  >  倉上慶大、不可能スラブの“覚醒”を再登

倉上慶大、不可能スラブの“覚醒”を再登

2016年12月27日

12月24日、倉上慶大が小川山・不可能スラブの“覚醒”を第2登した。“覚醒”としてのトライは2日間(“頭痛”には過去に多くの日数を要している)。“覚醒”は2007年に室井登喜男が初登した課題で、“頭痛”(草野俊達による初登時のグレードは三段→現在四段が提唱されている)のダイレクトフィニッシュにあたる。

>>グレード比較表

グレードは五段/+(V14/15)と思われ、国内最難のスラブ課題。以下は倉上のフェイスブックより。

「小川山、不可能スラブボルダーの“覚醒(五段)”が登れました。

スタイルはグランドアップですがマットに関しては霜で靴が濡れるのが煩わしかったので薄いAsanaマットを敷きました。正確にはノーマットでは無いのですが、今の自分の実力とコンディションからすると限界は突き詰められたと思います。

“覚醒”に関しては正直今登れるとは思っていなかったのであまり実感が無いのですが、今日は“地獄変(四段)”のノーマットや石の魂の“輪廻〜黄泉に繋げるライン(初登?三/四段くらい)”も登れたのを考えると“覚醒”への準備は整っていたのかもしれません。

いずれ完全なノーマットで登るかはわかりませんが、私にとって不可能でしかなかったこの岩が可能になった。この岩の名を知ってから11年。なんだか感慨深いです。」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ