トップページ  >  ニュース一覧  >  残念!? クライミングがオリンピック落選

残念!? クライミングがオリンピック落選

2013年5月30日

5月29日、国際オリンピック委員会(IOC)は、ロシア・サンクトペテルブルクにて、2020年開催予定の第32回夏季オリンピックに採用される残りの1競技について審議した。

今回はスポーツクライミング(以下、クライミング)を含む、候補8競技のなかから3つに絞られ、クライミングは落選。IOCは9月の総会で、スカッシュ、レスリング、野球&ソフトボール(統合)の3競技のなかから、ひとつを採用する。

この結果を惜しむ声があるなか、クライマー(特に選手)の間では「採用されなくてよかった」という声も少なくない。

これは、クライミングが五輪で実施される場合は、ルート、ボルダリング、スピードの総合得点で競われる「複合」が前提となっていたためで、五輪が決定すると他のコンペも複合で行なわれる可能性までが高まっていたからだ。国内では“スピード競技はクライミングの本質からはずれる”とする見方が多く、「スピードもやらなきゃならないのか」と懸念する選手は多かった。

今回の落選を受けて、北山真(日本山岳協会)は「これまでどおり、まともなルールでコンペが行なわれることを望む」と述べた。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ