トップページ  >  ニュース一覧  >  湯河原幕岩で謎のチッピング

湯河原幕岩で謎のチッピング

2013年11月29日

正面壁の登攀解禁という、うれしいニュースから一転、同じく幕岩にてチッピングと思われるホールドが発見されたという残念なニュースをお届けする。
ルートは茅ヶ崎ロックの桃源郷「夕暮れ時」、希望峰「シャクシャイン」の2本。
特に「夕暮れ時」の打撃痕はかなり明確で、ルートの破壊といっていいレベルだ。

「夕暮れ時」に刻まれたホールド

シャクシャインには穴状の跡があった。こちらは意図が不明だ

 

[解説]
チッピングとは岩を削る行為であり、当然、NGである。
過去には、主に海外において、大半をチッピングホールドで設定されたルートが作られた時代もあったが、現在この行為に及ぶことは時代錯誤もはなはだしい。

また日本の場合、残念ながら自然のままの岩を楽しめることは少なく、開拓時に浮き石を落としたり蔦をはがしたりする、いわゆる「掃除」はされることが多い。
もちろん、この掃除についても行きすぎた行為は慎むべきだが、既存のルートに手を加えることは絶対に行なってはならない。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ