トップページ  >  ニュース一覧  >  登山道整備や間伐作業を体験! 姉妹サイト「MtSN」が檜原・都民の森隣接地で9月12日に体験イベントを開催

登山道整備や間伐作業を体験! 姉妹サイト「MtSN」が檜原・都民の森隣接地で9月12日に体験イベントを開催

2015年8月19日

小社が運営するウェブサイト「MtSN(マウンテンスポーツネットワーク)」では、東京チェンソーズ協力のもと「山の体験シリーズ《東京・檜原村の山をつくる》第2回間伐体験編」を開催する。

6月6日に開催した作業道づくり体験に引き続いて開催する本シリーズは、MtSNが「”山に登って楽しい”だけではない山の魅力」を伝えることをテーマに、登山道から外れた山の自然はどうなっているの? 誰が整備しているの? といった疑問に答えるイベントとなっている。

次回、9月12日(土)の開催場所は、東京都檜原村にある檜原・都民の森隣接地。この付近には、管理されることなく放置された森林があり、今回のイベントでは、その放置林の間伐(かんばつ)作業を体験する。

現在、参加者を募集中。参加希望の方は、下記の応募方法を確認して申し込もう。

2015_news_mtsn1

■MtSNイベント 山の体験シリーズ《東京檜原村の山を作る》 第2回・間伐体験編 開催概要

開催日: 2015年9月12日(土)
申し込み締切: 2015年8月28日(金)
集合: 9:45 東京都檜原村「都民の森」バス停
終了: 16:00 「都民の森」バス停で解散
参加費: 5000円(税込/講師料、イベント保険代、昼食代含む)
定員: 50名(先着順、最少催行人数30名)
服装・持ち物: 汚れてもよい動きやすい服、運動靴、軍手、タオル、飲み物
主催: 山と溪谷社/マウンテンスポーツネットワーク(MtSN)
協力: (株)東京チェンソーズ

※荒天の場合は中止の場合も。参加者には前日までに決定して連絡する。
※参加における注意事項は、MtSNのウェブサイトを参照。

≫ 申し込みはこちらから


2015_news_mtsn3 2015_news_mtsn2
左/木の根元近くに切れ込みを入れる。右/木を倒すためにロープで引っ張る(写真提供=東京チェンソーズ)

■間伐の必要性

日本の山は、戦後、木材の供給源としてスギやヒノキの植林が進み、管理されていた。しかし、それらの多くは現在、人の手が入らず細い木が密生した放置林となっている。このまま放置しておくと、密接する木々により地面に十分な光が届かず、豊かな森へと育つことができない。また、本来あるはずの保水力も発揮できず、災害発生のリスクも高くなる。

間伐とは、密生した木々を間引くことをいい、太くて長い、真っ直ぐな木を育てることを目的としている。木と木の間に空間ができることで、地面にまで光が届き、豊かな植生を育む森となる。また、光や風が適度に入る、見た目にも気持ちのよい森林をつくることができる。

■当日行う作業はどんな感じ?

3、4人で1グループとなり、木を伐採。ノコギリとロープを駆使し、グループで協力しながらの作業となる。

伐採作業ステップ
(1)講師(東京チェンソーズスタッフ)が、間引くべき木を選木(せんぼく)し、倒す方向を定める。
(2)木を倒す方向にノコギリで切れ込みを入れる。この時、倒しやすくするために、木にロープをかけることもある。
(3)先に入れた切れ込みの反対側を、ノコギリで水平に切り込むことで木が自然に倒れていく。倒れない場合は、木にかけたロープを引いて倒す。
(4)最後に倒した木の枝を打ち払い、適度な長さの丸太にすることで作業終了。

■お問い合わせ
山と溪谷社 イベント事業部
TEL03-6744-1918
(担当=奥村・菅沼)

■関連リンク
マウンテンスポーツネットワーク(MtSN)
http://www.mtsn.jp/

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ