トップページ  >  ニュース一覧  >  第30回リードジャパンカップ2016 女子は12歳の森秋彩が歴代最年少優勝、男子は是永敬一郎が念願の初優勝!

第30回リードジャパンカップ2016 女子は12歳の森秋彩が歴代最年少優勝、男子は是永敬一郎が念願の初優勝!

2016年6月14日

男子予選開始直前 写真=小田部拓2016_news_ljc01

文=藤枝隆介

6月11日(土)、12日(日)に岩手県盛岡市の岩手県営運動公園登はん競技場において「スポーツクライミング第30回ジャパンカップリード競技岩手大会」が開催された。

今大会は今年の7月から始まるクライミングワールドカップのリード種目の代表選手選考大会として、また8月にパリで開催される世界選手権の代表選手選考大会として数少ない枠を争う厳しい大会となった。最終的な参加選手は男子86名、女子53名。

2016_news_ljc02以下写真=窪田美和子

女子決勝は森秋彩、小武芽生、そして地元の伊藤ふたばと実力のある3人の三つ巴の展開。小武と伊藤がフォールした核心部を避け、とっさにショートカットを選んで手数をのばした森秋彩が初優勝を飾った。

2016_news_ljc05

男子決勝は是永敬一郎とベテラン中野稔、そして今大会で予選から勢いを感じさせた16歳の中上太斗の3人が上部核心部を突破。何度も気合の叫びをあげながらゴール目前まで到達したのは、ジャパンカップで何度も決勝まで進みながら、これまで優勝のなかった是永敬一郎だった。

第30回リードジャパンカップ2016 リザルト

2016_news_ljc03

◆男子
1   是永敬一郎
2   中野 稔
3   中上太斗
4   武者知希
5   大髙伽弥
6   島谷尚季
7   原田 海
8   尾形和俊
20150225_news_bjc_male

2016_news_ljc04

◆女子
1   森 秋彩
2   小武芽生
3   伊藤ふたば
4   高田こころ
5   義村萌
6   廣重幸紀
7   栗田湖有
8   樋口結花
20150225_news_bjc_femal

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ