トップページ  >  ニュース一覧  >  和久旭、ハイパーバラッドに続きバラッドダイレクトを再登

和久旭、ハイパーバラッドに続きバラッドダイレクトを再登

2017年9月11日

和久旭(46)が9月8日、塩原・大岩の“バラッドダイレクト”四/五段(V13/14)を再登した。

こちらはハイパーバラッドよりトライされておらず、後半パートの二段(自分の体感はV10~11)すら再登が無いと思われます。初登以来11年以上ぶりの第二登になると思います。バラッドダイレクトはハイパー完登後から直ぐにトライを開始し、後半パートを解決するのに4日。その後繋げトライを試みるも、近年稀に見る悪天候続きで7月・8月は全天候型の塩原でも思う様なトライが出来ませんでした。

9月に入った途端に空気が変わり、コンディションも良くなりつつのトライ10日目で9月8日に登る事が出来ました。この場を借りて初登された小山田大氏に感謝です。グレードに関してはカタルシス四段+やバラッド四段+よりは確実に難しく感じ“ハイパー(五段/V14)と同じ位”に感じました。前半がやさし目の四段で後半が三段って感じです。今後も“世界最年長V15”を目指して頑張ります」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

河又

「トポを見る」 をクリックすると、404 not found になってしまいます。

立岩

プロテクションは多くがハンガーボルトに打ち替えられており、言うほど悪くない。 ただし、...

楯ガ崎

三国合同エリアへの降り口は顕著な踏み跡よりその少し手前の雑木中を直線的に降りる薄い踏み...

芹谷屏風岩

上記のアクセスマップにある芹谷小学校はもうありません。小学校があったあたりは現在は残土...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ