トップページ  >  ニュース一覧  >  不可能スラブの覚醒 五段(+?)あいついで再登

不可能スラブの覚醒 五段(+?)あいついで再登

2018年1月21日

文=北山 真 写真=安藤真也提供

小川山・不可能スラブの覚醒があいついで登られた。室井登喜男、倉上慶大に続く第3登が、1月18日に下川実晃によってなされ、続いて翌19日、安藤真也が第4登した。下川のトライはなんと2日間。安藤のトライは15日間。

グレードだがこれまでの再登者、トライの経過からして、頭痛(四段)→伴奏者(四段+)→不眠症(五段)→覚醒の順に難しいとすると五段+と思われる。だが頭痛と伴奏者に関しては、頭痛の方が難しいとする意見もある。そこでこれを同グレードとすると頭痛(四段、オリジナルグレード三段が四段+というのは考えにくい)、伴奏者(四段)→不眠症(四段+)→覚醒(五段)ということになるのかもしれない。

なお、下川は伴奏者を12月24日に登り(トライ2日間)、頭痛を12月26日に完登(トライ1日)、12月31日には不眠症(2日間)、そして1月18日にこの覚醒(2日間)と、わずか1か月弱で不可能スラブの主要ルートをすべて登ったことになる。伴奏者以外はどれも最速の完登であろう。※伴奏者はナーレ・フッカタイバルが1日で登っている。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ