トップページ  >  ニュース一覧  >  幻の氷柱「二刀流」13年ぶりの再登

幻の氷柱「二刀流」13年ぶりの再登

2018年2月14日

文=石原幸江

2月10日、仙台・二口渓谷の風の洞エリアに、私は仲間7人と訪れました。そして幻の氷柱「二刀流」を登りました。この「二刀流」は、二口渓谷特有の「標高が低いので、氷の適期が短く氷質が変化しやすいテクニカルな氷」で数年に1度、下まで繋がるか繋がらないかの氷柱です。


写真=千葉英一

2005年に新妻(重明)くんが初登して以来、誰にも登られていません。 仲間と氷柱を確認し、登れそうなので、私が登らせていただきました。

選んだラインは向かって右側で、下部はうす被りのチムニーから始まって、中間部はのっぺりとした幅70~80㎝くらいの垂直のカンテを登りました。上部は若干傾斜は弛むものの、氷質が柔らかくなり最後は雪混じりの氷に変化していました。そしてまた、この日は気温がプラス1度。氷柱の周りの氷はシャンデリア状で水が常に滴り、その中で一番固そうな右側の70~80㎝のラインを攻めていきました。

オンサイトトライでノーテンションのスタイルを目指しましたが、深夜東京出発の寝不足と疲労、バージンアイスでアイゼンが切れ切れで消耗し、おまけに水氷で最新のスクリューが全く使えない所があり、さすがに、スクリューを打ってからですがテンションしてしまいました。私的にはかなり残念です。

しかし、いつもここに通い登ってきた地元のクライマーは、「二口はアルパインアイスだよ。氷が下まで繋ったら兎に角直ぐ登ったよ。次の週にはもうこの氷は無くなるかもしれないからね」と。それを聞いて、妙に納得できました。自分のスタイルも大事だけれど、二口特有の気候にあった登り方もありかなとも。そして自分の第2登を受け入れることができました。


写真=高村正基

グレードは不明だそうですが、2005年ロクスノでの新妻くんの記事では、WI6+~7 Rと書いてあります。今回、私が登った感じではWI5+。ただ中間部に横の亀裂が入っているのと、上部に行けば行くほど氷が柔らかく、最新のスクリューが入りません。また氷柱の上部からの雪崩、そしてかなり壁から離れているフリースタンディングピラーで崩壊の危険性があるので、登るときは注意が必要です。

最後に私の完登を喜んでくれた東北の仲間の皆さん、ありがとうございました。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

御岳ボルダー

100岩場のトポが見れません。 全ての岩場のトポはどこで見れるのですか?

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ