トップページ  >  ニュース一覧  >  リード日本選手権2018、森秋彩、是永敬一郎が初優勝

リード日本選手権2018、森秋彩、是永敬一郎が初優勝

2018年3月4日

文=北山 真 写真=小澤信太

3月3日、4日、埼玉・加須市民体育館においてリード日本選手権が行われた。今年はこの大会が唯一の日本代表選考の大会となる。参加は男子73名、女子46名。

3日の予選は比較的登りやすい設定で、男子12名、女子8名が2ルートを完登した。以下成績により男女それぞれ26名が翌日のセミファイナルへと進んだ。

セミファイナルは一転して厳しい設定となり、女子は野口啓代と森秋彩が最終ホールドタッチ。男子は最高到達点をマークした是永敬一郎ですら数手を残すものであった。女子は定員通り8名。地元埼玉出身の小池はな(12)が初出場でみごと決勝進出した。男子は7位タイが3名いたため9名がファイナルに進んだ。

女子ファイナルは全体にポジティブなホールドが少なく、向きも悪く、大きなレストはできない内容だ。ほとんどの選手がルート3分の2付近でフォールする中、森が7番目に登場。すべてのパートをコントロールされた動きでこなす、圧巻の登りで完登。森にしては珍しく1分を残しての完登であった。


ファイナルを完登する森秋彩

場内の様子で、もちろん森の完登を野口は分かっていただろう。完登すればタイム勝負となる。普通に登ればリーチで勝る野口が早いことは明白だ。しかしこのベテランにも焦りがあったのであろうか。最終ホールドを不用意に取りに行きフォールしてしまった。

ファイナル最上部の野口啓代。この後まさかの……

男子ファイナルは中間部にダブルダイノのパートがあり、実質の勝負はその先からになる。4人目の土肥圭太(17)が安定した登りで最高到達点をマーク。8人目の楢崎がさらに上を行く。


中間部のダブルダイノをこなす楢崎智亜

最後に登場したのは本命是永。楢崎のつかんだホールドからなんとかムーブを起こし+をもぎ取った。とっさの判断でここが勝負と思い、手順が違っていることを知りつつ一手出したという。驚くべき勝負勘といえよう。国内ではすでに何勝もしている是永だが、この日本選手権は初優勝であった。


ファイナルの是永敬一郎

リザルト

女子

1 森 秋彩
2 野口啓代
3 伊藤ふたば
4 田島あいか
5 谷井菜月
6 三浦絵里菜
7 廣重幸紀
8 小池はな

男子

1 是永敬一郎
2 楢崎智亜
3 土肥圭太
4 本間大晴
5 中野 稔
6 波田悠貴
  中上太斗
8 樋口純裕
9 藤井 快

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

河頭山

トポの表示に不具合があるようです。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ