トップページ  >  ニュース一覧  >  シルビア・ビダル、アラスカのArrigetch Peaksに17日間単独で新ルート開拓

シルビア・ビダル、アラスカのArrigetch Peaksに17日間単独で新ルート開拓

2017年9月27日

携帯やラジオなどの通信機器を一切持たず、世界各地の辺境の壁で、毎年のように単独でルート開拓をしているスペインのシルビア・ビダルが、アラスカのArrigetch Peaks の一つ、Xanaduの西壁に7月5日〜21日の17日間をかけて、単独で新ルート・Un pas més (A4/A4+ / 6a / 530m / 11ピッチ) を開拓した。

シルビアはこのルートに A4/A4+ というグレードをつけているが、単独であることや荷物の量を考慮してつけている。壁自体は比較的硬い花崗岩で、クラックには乏しく、フェイスクライミングが中心とのこと。

今回のツアーでは全53日のうち、35日間は150kg の荷物の荷揚げに費やされている。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ