トップページ  >  ニュース一覧  >  ボルダリングWC第4戦中国・ウージャン、日本は金1銀2銅1

ボルダリングWC第4戦中国・ウージャン、日本は金1銀2銅1

2019年5月5日

文=北山 真 写真=Eddie  Fowke/IFSC

2019年5月3日~5日、ボルダリングワールドカップ第4戦が、中国ウージャン(呉江)で開催された。3日はスピードで、4日はボルダリング予選が行われた。ヤーニャ・ガーブレットは相変わらず強く、2グループ合わせてただ一人の全5完登。男子はいささかやさしめで2グループで15名が全5完登。原田海、楢崎明智がさらに全1撃、文句なしの1位通過となった。

5日、セミファイナルでは男子は日本人が大活躍、藤井快、楢崎智亜、原田のワンツースリー。さらに土肥圭太が加わり、4名がファイナルへ進んだ。女子もヤーニャは別格として、野中生萌、野口啓代、森秋彩の3名がファイナルへ進んだ。

ファイナルはまず女子から。ヤーニャはさておき、森が野口と互角の戦いをしたのが特筆ものだろう、トライ数こそかなり差がついたものの、登った課題さらにゾーンポイントまでは同成績であった。

男子は首位をかけての日本人対決となった。楢崎vs原田である。1課題目を楢崎のみが完登。そして4課題目を原田のみが完登、しかも一撃。3課題を登ったのはこの二人のみ。残る4人は1課題であった。最終的には僅差(ゾーン獲得のトライ数)で楢崎の優勝となった。

BWCあと残るは2戦、女子の年間チャンピオンは99%ヤーニャであろう。男子は現在、楢崎智亜が1位だが、まだ全く分からない。2位アダム・オンドラ、3位藤井快、4位杉本怜あたりまで可能性十分であろう。


男子表彰台 – 楢崎智亜(中央)、原田海(左)、ヤコブ・シューベルト(右)


女子表彰台 – ヤーニャ・ガーンブレット(中央)、野口啓代(左)、森秋彩(右)

男子

1 楢﨑智亜
2 原田 海
3 ヤコブ・シューベルト(AUT)
4 土肥圭太
5 藤井 快
6 ヤン・ホイヤー(GER)
――――――――――――――
7 杉本 怜
9 緒方良行
17 楢崎明智

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO)
2 野口啓代
3 森 秋彩
4 野中生萌
5 ジェシカ・ピルツ(AUT)
6 ジュリア・シャヌルディ(FRA)
――――――――――――――
7 伊藤ふたば
12中村真緒

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ