トップページ  >  ニュース一覧  >  ボルダリングワールドカップ第5戦ミュンヘン

ボルダリングワールドカップ第5戦ミュンヘン

2019年5月20日

文=北山 真  写真=Eddie Fowke,Rene Oberkirch/IFSC

ボルダリングワールドカップシリーズ2019もいよいよ大詰め、残り2戦となった。だが日本勢は有力選手のほとんどがこの大会を欠場。もちろん25日、26日にコンバインドジャパンカップが控えているからである。ということで海外選手、とくにファイナル出場を狙っているが、なかなかそれを果たせなかった選手には非常にラッキーな大会となったといえよう。なにせ実質、決勝出場枠が男女とも2~3は増えたことになるのであるから。

とは言ってもヤーニャ・ガーンブレットにとって、そんなことはなんの関係なく、ただひとり別次元を突き進んだ。セミファイナルのリザルトは恐るべきものだ。ヤーニャは全4課題完登、そして2位のカズベコワが1完登、残る18人はすべて0完登だったのだ。ヤーニャは別格として、今大会スロベニア女子の活躍が目立った。実に1位、3位、6位、7位、8位を占めた。しかも余談だが、ほとんどの選手が美形である。


女子優勝のヤーニャ・ガーンブレット

男子は予選を緒方良行が単独首位、ただ予選で好成績を上げると、その後崩れるというパターンがなぜか昔から日本人男子には多い。緒方もセミで1完登しかできず15位となった(その1完登は素晴らしいパフォーマンスであったが)。アダム・オンドラ、ヤコブ・シューベルト、ヤン・ホイヤーなどが熱戦を繰り広げ、最後はヤコブが3t4zで、3t3zのアダムに競り勝った。


男子優勝のヤコブ・シューベルト

年間チャンピオン女子はこの大会で5連勝のヤーニャが最終戦を待たずして決定。男子はアダム(284ポイント)対、楢崎智亜(260ポイント)の最終戦ヴェイル対決が濃厚となってきた。

男子

1 ヤコブ・シューベルト(AUT)
2 アダム・オンドラ(CZE)
3 ヤン・ホイヤー(GER)
4 アレクセイ・ルブツォフ(RUS)
5 アンジェ・ぺハルツ(SLO)
6 チョン・ジョンウォン(KOR)
―――――――――――――――――――――――――――――――
15 緒方良行
17 井上祐二
18 高田知尭
20 石松大晟

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO)
2 ファニー・ジベール(FRA)
3 ミア・クランプル(SLO)
4 ジュリア・シャヌルディ(FRA)
5 イェヴゲニア・カズベコワ(UKR)
6 カティヤ・カディチ(SLO)
―――――――――――――――――――――――――――――――
14 倉 菜々子

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ