トップページ  >  ニュース一覧  >  第6回ボルダリングユース日本選手権

第6回ボルダリングユース日本選手権

2020年11月24日

文=北山 真 写真=山本浩明

2020年11月21日~23日、東京の葛飾区東金町運動場スポーツクライミングセンターにおいて、第6回ボルダリングユース日本選手権が開催された。21日、22日はコンテスト(セッション)方式による予選。23日に全4カテゴリーの決勝が、3課題でのオンサイト方式で行われた。

男子ユースC決勝では第1、第2課題を1撃した加藤頼斗が優勝。女子ユースCでは関川愛音と村越佳歩の対決となったが1アテンプトの僅差で関川が優勝した。


ユースC優勝の加藤(左)と関川(右)

男子ユースBでは安楽宙斗、杉本侑翼、通谷律、3名の接戦となったが、全課題1撃の安楽が優勝。女子ユースBは小池はな、竹内亜衣、長谷川颯香が2完登、3名とも失敗した課題が異なるという混戦となったが、やはりアテンプトで勝る小池が優勝した。


ユースB優勝の安楽(左)と小池(右)

ユースA男子では世界ユース優勝の経験を持つ川又玲瑛と、佐野大輝のみが3完登。全体に足の置き方がポイントとなる課題が多く、佐野の足使いのうまさが目立った。勝負が分かれたのは2課題目のコーディネーションランジから縦ホールドが連続するもので、これを川又は抜群の集中力で一撃、佐野は4トライだった。結果、川又の3完登4トライはジュニアを合わせても1位だった。

ユースA女子では、松藤藍夢が複雑なシークエンスの第3課題を唯一完登、ただひとりの3完登で文句なしの優勝を決めた。


ユースA優勝の川又(左)と松藤(右)

ジュニアは男女ともユースAと同ルート。男子は世界ユースでも優勝している百合草碧皇が終始リード。課題すべてを2トライで決め3完登6トライで優勝。坂本大河も3完登するが11トライであった。

女子は多くの国際大会で活躍してきた平野夏海が、ほとんどミスがない3完登4トライという素晴らしい成績で優勝した。これに3完登6トライとせまった、菊地咲希の緩急を使い分ける登りも印象的だった。


ジュニア優勝の百合草(左)と平野(右)

ユースC男子

1 加藤頼斗(栃木)
2 藏敷慎人(兵庫)
3 三竿莉平(栃木)

 

ユースC女子

1 関川愛音(青森)
2 村越佳歩(茨城)
3 山根嘉穂(茨城)

 

ユースB男子

1 安楽宙斗(千葉)
2 杉本侑翼(三重)
3 通谷 律 (佐賀)

 

ユースB女子

1 小池はな(埼玉)
2 竹内亜衣(千葉)
3 長谷川颯香(東京)

 

ユースA男子

1 川又玲瑛(栃木)
2 佐野大輝(愛知)
3 森本治誉(岐阜)

 

ユースA女子

1 松藤藍夢(神奈川)
2 工藤 花 (山形)
3 佐藤 凜 (秋田)

 

ジュニア男子

1 百合草碧皇(埼玉)
2 坂本大河 (北海道)
3 伊藤寛太朗(神奈川)

 

ジュニア女子

1 平野夏海(東京)
2 菊地咲希(東京)
3 張替夢乃(東京)

 

※ユースC=2007、2008年生まれ
 ユースB=2005、2006年生まれ
 ユースA=2003、2004年生まれ
 ジュニア=2001、2002年生まれ

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ