トップページ  >  ニュース一覧  >  国内初の小学生リードクライミング全国大会「岸和田CANCANカップ2018」結果

国内初の小学生リードクライミング全国大会「岸和田CANCANカップ2018」結果

2018年10月5日

文 = 東 秀磯

9月23日、24日に大阪府岸和田市の商業施設(カンカンベイサイドモール)で全国小学生クライミング大会/岸和田CANCANカップが開催された。この競技会は小学校1年生から6年生までを対象とした国内初の小学生のリードクライミング全国大会であり、北は青森県、南は長崎県から約100名の小学生クライマーが参加した。

カテゴリーは小学生1・2年、3・4年、5・6年と2学年ごとのクラス分けと男女別に分けられたが、小学生1・2年生は安全面を考慮しオートビレイ装置による競技とされた。また競技は予選2本をフラッシングで行ない、決勝はオンサイトで行なわれる方式がとられた。

決勝ルートのグレードは小学生1・2年は5.11cで埼玉県の石田奏(2年生男子)と千葉県の原菜都美(2年生女子)の2名が完登。3・4年は5.12aで千葉県の波多野英傅(4年生)が終了点タッチ、5・6年は5.13aで千葉県の安楽 宙斗が完登して優勝した。


5・6年の部 表彰式

特に安楽選手は8月のジュニアオリンピックのユースC(小学校6年・中学校1年)でも優勝していたので、これで同クラスの全国大会2連覇ということになる。この大会は毎年開催される予定であり、小学生クライマーの競技能力を測る大会として興味深い。

大会の結果詳細はこちら

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

bookstore_201712bookstore_201712

ユーザからの最新情報

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

天王岩

2018/2/28 十里木無料駐車場のトイレは修理していただいたようで使用可能となっていました。

天王岩

2018.2.15現在 岩場前の駐車場は、釣り場受付でクライミングに来た旨を伝え、1000円支払いで...

硯岩

笠間ボルダーの大黒岩ですが登攀禁止になった様子です。

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ