トップページ  >  ニュース一覧  >  コロンビアスポーツウェアの“マザー”、ガート・ボイル氏、死去

コロンビアスポーツウェアの“マザー”、ガート・ボイル氏、死去

2019年11月8日

コロンビアスポーツウェアカンパニーの会長で、“マザー”として慕われたガート・ボイル氏が、去る2019年11月3日に永眠した(享年95歳)。

ガート・ボイル氏は、社長としての業務はもちろん、アイコンとして自ら広告に出演するなど、コロンビアブランドの発展のために力を発揮。70年代初頭のコロンビア倒産の危機を救い、今日のグローバルマルチブランド企業への躍進に多大なる役割を果たした。

当時、男性経営者が多かったアウトドア業界において、女性リーダーとしてコロンビアブランドの発展に貢献。50年以上に渡りリーダーシップを発揮し、今なお、そのスピリッツはコロンビアスポーツウェアカンパニーに受け継がれているという。

コロンビアスポーツでは、アウトドア業界、アメリカのビジネスシーン、働く女性・働くお母さんの先駆者としてのガート・ボイル氏の功績を称えるためのページを掲載している。

Mother(マザー)「コロンビアの生みの親、ガート・ボイル」

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ