トップページ  >  ニュース一覧  >  ジム・レイノルズ、パタゴニアでフィッツロイをフリーソロで往復

ジム・レイノルズ、パタゴニアでフィッツロイをフリーソロで往復

2019年4月10日

planetmountain.com   訳=羽鎌田学

米国人アルピニスト、ジム・レイノルズが、フィッツロイ北西稜、その長さで知られる通称アファナシエフ・ルートを極めて短時間でソロで登り、そしてクライムダウンした。パタゴニア初見参のレイノルズは、このフィッツロイ、アファナシエフ・ルートのフリーソロ成功により、今当地で一大センセーションを巻き起こしている。2017年にブラッド・ゴブライトと共にヨセミテ、ノーズで当時のスピード記録を更新したことでも知られるレイノルズは、今回パタゴニアに3ヵ月間滞在し、その間、複数のソロクライミングを実践した後、フィッツロイ北西稜のソロクライミング、そして下降までを15時間半で成し遂げたのである。

Supercanaletaルートの左に位置するフィッツロイ北西稜は、1979年に、フランス人アルピニスト、ギ・アベール、ジャン・ファーブル、そしてジャンとミッシェルのアファナシエフ兄弟が6日間かけて初登したルートである。あまり再登はされていないが、その長さは1600mにも及び、この山域で最も長いルートの一本とされている。

25才のジム・レイノルズは、午後3時13分、取付きからわずか6時間38分で頂上に立ち、そして同じルートを下降したのだが、ロープを使っての懸垂下降はせずに、登攀ラインを忠実にクライムダウンする方法を選んだのである。ナショナルジオグラフィックの3月29日付けのニュースによれば、実は、ジムはハーネスとビレイデバイスを忘れたのだが、念のためにロープは持参した。

パタゴニアを良く知るアルゼンチン人アルピニスト、ローランド・ガリボッティは、ナショナルジオグラフィックとのやり取りのなかで、ジムの登攀について次のように語ったようだ。「こんなことが実際に起きるなんて、それはもう度肝を抜かれますね。ジムは、ここパタゴニアで強烈な自己表現をしました。彼の今回の登攀は、長い間ここで語り継がれるのは確実ですね。いやまったく、こんな賭けのようなクライミングをするような奴が現れるなんて、想像もできないですよ」

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Jim Reynoldsさん(@chimney_jim)がシェアした投稿

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ