トップページ  >  ニュース一覧  >  ヘイゼル・フィンドリー、スコーミッシュで5.13dRを初登

ヘイゼル・フィンドリー、スコーミッシュで5.13dRを初登

2017年8月8日

文=北山 真

イギリスのヘイゼル・フィンドリー(28)が、カナダ・スコーミッシュでシンクラックのコーナーを初登しTainted Love aka Northern Soul 5.13d Rとした。

ルートはチーフのノースガリーにあり、North Star 5.13bの左に位置する。指がほとんど入らないステミングコーナーで、かろうじてプロテクションが取れる場所が数か所あるというもの。英国グレードでE8 6cであろうとのこと。

フィンドリーは2011年に、デボン海岸ダイヤーズルックアウトのOnce Upon a Time in the Southwest(デイヴ・バーケット初登)を登り、英国初のE9を登った女性クライマーとなった。また英国女性初のエルキャピタンをフリーで登った女性でもある。2011年にはGolden Gate、2012年にはPre-Muir Wall、2013年にはFreeriderに成功している。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ