トップページ  >  ニュース一覧  >  樋口純裕が5.13dオンサイト、通谷律は5.13bフラッシュ

樋口純裕が5.13dオンサイト、通谷律は5.13bフラッシュ

2020年1月5日

文と写真=樋口義朗

2020年1月2日、大分県本匠の遊歩道エリアで、樋口純裕(まさひろ)と通谷律(かよたにりつ、13)が素晴らしい成果をあげた。

通谷は洛陽(5.13a)を2トライでレッドポイント。そしてその後、樋口結花がトライしていた、飛ぶが如くダイレクト(5.13b)をフラッシュした。


飛ぶが如くダイレクト核心のランジをこなす通谷

このルート力のいるアンダーからの一手、そしてその後の遠いランジは160cmに満たない者が一発で突破するとは予想もしてなかった。そのあとのゴール手前の悪い部分も落ち着いてこなした。このルート初のフラッシュと思われる。昨年最年少最高グレードRPをダチュラ(5.14a/b)で達成した通谷だが、フラッシュの最年少最高グレードにも成功したことになる。

もう一人は帰省中の純裕。現在ボルダーモードだから12台ぐらいまでしかやらないと言っていたが、比較的新しいルート蛍(小山田大初登の5.13c)のラインを眺めていて触手をそそられたのか、やってみようかなといってヌンチャク掛けとムーブばらしの後、次のトライで完登した。

その勢いで隣の番匠(5.13b)もやってみるということだったので、それならバリエーションのラッキーボーイ(5.13d)の方が下部を成功できたら、その後は本領発揮できると思い薦めた。


ラッキーボーイをオンサイトする樋口

下部核心はアンダーからの遠い右の一手。ここは普通に取る、その後の右手寄せもかなり悪いムーブなのだが、フィジカルが強いのかトウフックで寄せた。次の核心の右トラバースを何とかこなし、大レスポイントへ。そして、あとの最終局面もこなした。九州内で行われたオンサイトでは過去最難のものであろう。

※蛍とラッキーボーイの上部が共通なので、厳密にはオンサイトと言えないという意見もあるだろうが、そのパートのグレードは5.11台であり、その前の虫食い状の穴で完全にニーバーレストできるので、オンサイトと言って問題ないと思われる。

■過去の国内オンサイト・フラッシュ記録(同人物1ルートのみ)

ガンジャエクステンション 5.14a 安間佐千
スペシャリスト 5.13d 村井隆一
一歩己(いぶき) 5.13d? 松島暁人(フラッシュ)
棲龍門  5.13c/d 平山ユージ
スプラッシュ  5.13c 本間大晴(フラッシュ)

 

 

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ