トップページ  >  ニュース一覧  >  アイスクライミングWC第3戦、スイス・サースフェーで開催

アイスクライミングWC第3戦、スイス・サースフェーで開催

2020年1月26日

文=北山 真

2020年1月24、25日、スイス・サースフェーでUIAAアイスクライミングワールドカップの第3戦(最終戦)が開催され、日本からは男子5名、女子2名が参加した。

男子の門田ギハードは予選を13位で通過、セミファイナルでも健闘し8位タイであったが、惜しくもカウントバックで10位となりファイナル出場はならなかった。しかしながら多くの強豪が出場するヨーロッパ大会での10位は、大健闘と言ってよいだろう。

女子では小武芽生が10位という好成績で予選通過したが、セミファイナルではタイムアウトで12位となった。女子はどの大会でもタイムアウトする選手が非常に多い。ただし小武は登り自体は決して遅くないので、クリップやアックスの持ち替えなどの要領が良くなれば、コンスタントにファイナルに残ることができるであろう。来シーズンに期待したい。

男子優勝は第1戦中国に続きフランスのローナ・ラドゥヴァン。女子優勝は前戦韓国に続きロシアの マリア・トロコニナであった。公式リザルトはまだ出ていないが、この二人が年間チャンピオンになったものと思われる。


すっかりお馴染みとなった、らせん状駐車場の吹き抜けを利用したサースフェーの会場(写真=門田ギハード )

男子

1 ローナ・ラドゥヴァン(FRA)
2 ニコライ・クーゾヴレフ(RUS)
3 ドゥミトリー・グレベンニコフ(RUS)
ーー
10 門田ギハード
40 森田修弘
42 中島正人
47 伊藤権次
51 橋本 翼

女子

1 マリア・トロコニナ(RUS)
2 シーナ・ゲッツ(SUI)
3 シン・ウンソン(KOR)
ーー
12 小武芽生
24 竹内春子

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ