トップページ  >  ニュース一覧  >  イケール・ポウ、マジョルカ島最難ルートGuggen-Hell(9a+/b)初登

イケール・ポウ、マジョルカ島最難ルートGuggen-Hell(9a+/b)初登

2021年3月23日

planetmountain.com  訳=羽鎌田学

スペイン、バスク地方のクライマー、イケール・ポウが地中海に浮かぶ島マジョルカで島内最高グレードとなるGuggen-Hell(9a+/b 5.15a/b)の初登に成功した。

先月、2月中旬にマジョルカ島の巨大なケイブにあるGran Guggenheim(9a+)の初登に成功したばかりのイケール・ポウ(44歳)が、そのGran Guggenheimから派生するより難しいラインをレッドポイントするのも、時間の問題ではあった。Guggen-Hellと名付けられた新たな派生ルート、その名前に付け足されたヘル(地獄)が意味するように、長さ50mの圧倒的に被ったルートで、高い持久力はもちろんのこと、ルート下部では瞬発力、ワンフィンガーポケットに耐える鋼鉄のような指が必要になってくる。

今回のGuggen-Hellが現時点でマジョルカ島最難スポートルートとなったわけだが、当ルートとそれに先立つGran Guggenheim(9a+)の出現以前は、やはりイケールが2015年に初登し、未だ再登されていないBig men(9a+)が最難の一本とされていた。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Desnivel Revista Montaña(@desnivel_revista)がシェアした投稿

イケール・ポウ=1977年生まれ

ショートルートからアルパインまでを高レベルでこなす。指の強さに定評あり。2000年Action Direct(9a)の第3登で頭角を現す。このとき出だしの1本指ランジをフラッシュした話は有名。兄エネコをパートナーに多くのマルチ、アルパインを登る。2003年エル・キャピタンのエルニーニョを第3登。 2005年トランゴタワー、Eternal Frame再登。2007年フィッツロイ,Supercanaleta。世界7大陸で7つの壁を登る。2009年マルチピッチOrbayu(8c+/9a)初登。2010年マルガレフのDemecia Senil(9a+).第2登。2018年マルガレフで1本指、2本指が連続するルーフのArtabura(9b)を初登。

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ