トップページ  >  ニュース一覧  >  日本山岳会が令和元年度(後期)「海外登山助成対象登山計画」を募集中

日本山岳会が令和元年度(後期)「海外登山助成対象登山計画」を募集中

2019年12月11日

登山界の活性化を目指し、優れた海外登山計画に対して助成がおこなわれる日本山岳会「海外登山助成金」の令和元年度(後期)「海外登山助成対象登山計画」の募集がおこなわれている。

「海外登山助成対象登山計画」の募集は今回で第42回目を数えるが、先鋭的なクライミングはもちろん、独自の視点、新鮮な観点をもった計画、学術・調査を目的とした登山、社会性のあるテーマ、また大学・高校山岳部の活動も対象に募集がおこなわれている。日本山岳会の会員資格やパーティ編成等の条件は問われない。

少しでも興味のあるクライマーは応募をしてみてはいかがだろうか。

令和元年度(後期)「海外登山助成対象登山計画」募集概要

対象:2020年2月1日~2020年7月31日の間に海外の山へ出発する登山隊

申込方法:所定の様式(日本山岳会事務局にご請求ください)に記入し、登山計画書(5通)を添えて申請してください。併せて登山計画書をデータにてメール送信してください(jac-room@jac.or.jp、件名「海外登山助成対象登山計画送付」)。

申込締切:2020年1月10日(当日消印有効)

審査と助成:2020年2月中に日本山岳会の審査委員会によって審査後、理事会で助成決定をいたします。

報告と記録掲載:助成対象となった登山隊は後日、必ず報告書を提出してください。日本山岳会の会報『山』や機関紙『山岳』に記録を掲載します。

問合せ・申込み先:日本山岳会事務局 電話03-3261-4433

詳細は以下のページから
http://jac.or.jp/info/cat128/cat130/post-1601.html


2010年に助成を受け、2013年に初登頂を果たした青山学院大学山岳部のジャナク・チュリ(a.k.a.アウトライアー)東峰南西壁ルート(写真=萩原浩司)

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ