トップページ  >  ニュース一覧  >  松浦 凌、二子山の乾杯 5.14cを 3日で完登

松浦 凌、二子山の乾杯 5.14cを 3日で完登

2019年5月19日

文=北山 真

2019年5月16日、松浦凌が二子山の乾杯(5.14c)を3日間6トライで登った。おそらくこれまでで最速の完登と思われる。

乾杯は1990年台に平山ユージが設定したラインで、島田貞夫が初登、2005年に松島暁人が第2登、平山ユージが3登、2006年に小澤信太、安間佐千、2007年原田裕介、新田龍海、以下抜けている記録もあるかもしれないが、2014年正田信一、2015年嵯峨敦、伊東秀和、2016年原田幸作、橋本正寿などが登っている。

なお松浦は4月に美しき流れ(5.14a)をハングドッグなしで完登している。こちらもスポートルートでは極めて稀、かつ価値ある記録と言えよう。

>>グレード比較表

Kampai 5.14c

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ