トップページ  >  ニュース一覧  >  第33回リードジャパンカップ開催中

第33回リードジャパンカップ開催中

2020年8月11日

文=北山 真

岩手県盛岡市の、岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場で第33回リードジャパンカップが開催中である。

8月9日は男子予選があいにくの大雨の中行われた。ポケットホールドに水がたまり、テクニカルインシデントとなるほどの大雨で、頻繁にクリーニング(おもにホールドを拭く作業)が行われた。コンディションが悪いこともあってか、Aルートは完登ゼロ(16人が同高度で1位)、Bルートで楢﨑智亜のみが完登という結果だった。藤井快がまさかの26位最下位通過となった。

8月10日は、女子予選から。こちらもやはり厳しいルート内容で、両ルート完登は野口啓代のみ、あとはAルートで野中生萌が、Bルートで森秋彩が完登しただけだった。

続いて行われた男子準決勝でもハードなルートとなった。シークエンス、ホールディングが多彩で、ベストな動きが見つけにくい内容。ポケットも多用された。そんな内容のルートを、1番手の藤井はまるでレッドポイントするかのようなノーミスの登りで最終ホールド手前にまで達する。誰しも「これは何人か完登する」と予想したであろう。

ところが藤井が最高のパフォーマンスを見せたことが、次々と登場する実力者たちによって証明されることとなる。藤井と同高度に達したのは、奈良の若きエース西田秀聖のみであった。


1位通過の西田  写真=小澤信太


3位通過の村下  写真=小澤信太

男子準決勝リザルト

順位 氏名 成績 予選順位
1 西田秀聖 35+  13
2 藤井 快  35+  26
3 村下善乙  33+  5
4 樋口純裕  33+  16
5 楢﨑智亜  33  1
6 緒方良行  31+  6
7 田中修太  31  20
8 吉田智音  30+  3
     
9 百合草碧皇  30+  9
10 原田 海  30+  13
11 高田知尭  30  4
12 杉本 怜  30  11
13 関口準太  27+  24
14 天笠颯太  27+  24
15 楢﨑明智  27  18
16 抜井亮瑛  26  7
17 土肥圭太  25+  11
18 中上太斗  24+  10
19 小俣史温  24+  16
20 本間大晴  22 2
21 是永敬一郎  22  7
22 亀山凌平  20  21
23 山内 響  20  22
24 北江優弥  23 23
25 清水裕登  19+  13
26 山口龍磨  16+  19

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ