トップページ  >  ニュース一覧  >  リードワールドカップ第4戦、原田海が銀メダル

リードワールドカップ第4戦、原田海が銀メダル

2019年9月30日

文=北山 真 写真=Eddie Fowke/IFSC

世界選手権、ユース世界選手権で中断していた、リードクライミングワールドカップの後半戦が開始。第4戦は9月28日、29日、スロベニア・クラニで行われた。

日本人男子では原田海が予選1位、セミファイナル3位から、非常に厳しいルートとなったファイナルで上部に達し、暫定1位となった。しかし別次元の力を持つアダム・オンドラはこの難ルートを完登、原田は2位となった。


準優勝した原田海

女子では森秋彩が予選をただ一人2ルート完登で単独1位、セミファイナルでも1位と絶好調であったが、ファイナル中間部の、ダイナミックムーブが連続するパートでフォールしてしまい5位となった。


森秋彩は5位に

女子セミファイナルでは常勝ヤーニャ・ガーンブレットが、地元のあまりにすごい応援がプレッシャーとなったか、彼女にとってはなんの問題もないはずの左手の”飛ばし”に勢いがなく失敗、まさかのセミファイナル敗退となってしまった。

韓国のソ・チェヒョンは、15歳とは思えない安定した登りで今季3勝目、ガーンブレットが13位となったため、年間チャンピオンに大きく近づいた。


男子表彰台、左から原田海、アダム・オンドラ、アルベルト・ヒネス・ロペス


女子表彰台、左からジェシカ・ピルツ、ソ・チェヒョン、ルカ・ラコヴェック

男子

1 アダム・オンドラ(CZE)
2 原田 海
3 アルベルト・ヒネス・ロペス(ESP)
4 ショーン・マッコール(CAN)
5 藤井 快
6 ステファノ・ギソルフィ(ITA)
7 ヤコブ・シューベルト(AUT)
8 マーチン・ストラニク(CZE)
ーー
9 杉本 怜
22 本間大晴

女子

1 ソ・チェヒョン(KOR)
2 ジェシカ・ピルツ(AUT)
3 ルカ・ラコヴェック(SLO)
4 アナク・ヴェルホーヴェン(BEL)
5 森 秋彩
6 平野夏海
7 ミア・クランプル(SLO)
8 小武芽生
ーー
23 伊藤ふたば
24 廣重幸紀  

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ