リードWC開幕戦インスブルックで、百合草碧皇が銀メダル


会場全景

文=北山 真 写真=IFSC

2022年6月25、26日、リードワールドカップ開幕戦が、ボルダリングに続きインスブルックで行われた。

男子は藤井快、樋口純裕がまさかの予選落ち。4名が準決勝に進んだ。

準決勝では緒方良行が12位で敗退。百合草藍皇(あお、19)が1位タイ、本間大晴(22)が7位、吉田智音(さとね、19)が8位で通過した。

決勝では僅差でコリン・ダフィーが1位、ボルダーに続きダブルタイトルを手にした。百合草が2位、吉田が6位となった。


男子表彰台


決勝の百合草藍皇

女子は準決勝で5名が完登。決勝も混戦かと思われたが、ボルダーを初戦以外スキップしたヤーニャ・ガーンブレットがやはり本来の実力を発揮、2位に10手以上の大差をつけ優勝した。2位は3名が同高度となったがタイムによりソ・チェヒョンが2位、ブルック・ラブトゥが3位、ラウラ・ロゴラが4位と分けられた。

日本人は谷井菜月のみが決勝に進出、5位に入賞した。

実力の差を見せたヤーニャ・ガーンブレット

女子表彰台

男子

1 コリン・ダフィー USA 38+
2 百合草碧皇 JPN (3:14)
3 ジェシー・
グルッパー
USA 37+ (4:28)
4 ルカ・ポトカル SLO 37
5 ヤコブ・
シューベルト
AUT 36+
6 吉田智音 JPN 36+
7 ヤニック・フロヘー GER 31
8 アレックス・メゴス GER 28+
9 本間大晴 JPN 21+
     
12 緒方良行    
27 藤井 快    
31 樋口純裕    

 

女子

1 ヤーニャ・
ガーンブレット
SLO 39+
2 ソ・チェヒョン KOR 27+ (2:41)
3 ブルック・ラブトゥ USA 27+ (2:52)
4 ラウラ・ロゴラ ITA 27+ (2:57)
5 谷井菜月 JPN 25+
6 ナタリア・
グロスマン
USA 22
7 ヴィタ・ルーカン SLO 16
8 ジェシカ・ピルツ AUT 8+
     
12 中川 瑠    
17 伊藤ふたば    
21 小池はな    
25 大田理裟    
37 阿部桃子    
45 柿崎美羽    

同一カテゴリの最新ニュース