トップページ  >  ニュース一覧  >  リードワールドカップ開幕戦で、森秋彩が銅メダル

リードワールドカップ開幕戦で、森秋彩が銅メダル

2019年7月7日

文=北山 真 写真=IFSC-Daniel Gajda

7月5日、6日でリードクライミング ワールドカップ開幕戦がスイス・ヴィラールで開催された。

デビュー戦となった注目の森秋彩(もり・あい)は、予選をヤーニャ・ガーンブレットに続き2位で通過、セミファイナルでは韓国の若手(森と同じ15歳)ソ・チェヒョンに抜かれ3位に、ファイナルは8人中6名が同高度2位となりカウントバックでチェヒョンが2位、森は3位となった。


ボルダリングと同じくWCデビュー戦3位となった森秋彩

ヤーニャは相変わらず異次元の力を発揮、予選をただ一人の両ルート完登(一ルート完登もなし)、セミファイナルでは、出だしでチョークバッグを落とすというアクシデントにもかかわらず、時々腰に手をやっては苦笑いするという余裕の中、ただ一人完登。決勝でも残る7名がつかめなかったホールドをしっかりと保持し、さらに2手進んだ。


向かうところ敵なしのヤーニャ・ガーンブレット

男子は、予選ではアレックス・メゴスがただ一人の両ルート完登で1位通過したが、セミで7位と順位を落とす。ファイナルでは完登するも、地元サシャ・レーマンも完登、セミ2位のレーマンのうれしい地元初優勝となった。もう一名の完登者、中国のパン・ユーフェイが自己ベストの2位に入賞した。


地元での初優勝となったサシャ・レーマン

日本人はファイナルになんと半数の4名が出場、表彰台独占かと思いきや、結果は最悪の5位~8位となってしまった。楢﨑明智、藤井快は最終ホールドタッチにまで持ち込んだのだが、藤井は下部でボルトを踏んでいたことが判明、最下位となってしまった。

ファイナルは男女とも完全にルートセットの失敗だったと言えよう。女子は8名中7名が同じ場所でフォール、もしヤーニャも同じ場所で落ちていたら、順位こそ変わらないものの、ずいぶん盛り下がったことだろう。男子は3名が完登、2名(実質3名)が最終ホールドタッチという明らかにやさしすぎる内容であった。

男子

1 サシャ・レーマン(SUI)
2 パン・ユーフェイ(CHN)
3 アレックス・メゴス(GER)
4 ドメン・スコフィック(SLO)
5 楢﨑明智
6 楢﨑智亜
7 波田悠貴
8 藤井 快
―――――――――――――――――――――――――――――――
13 杉本 怜
19 原田 海

女子

1 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO)
2 ソ・チェヒョン(KOR)
3 森 秋彩
4 野口啓代
5 ミア・クランプル(SLO)
6 ルチュカ・ラコヴェッツ(SLO)
7 ジュリア・シャヌルディ(FRA)
8 谷井菜月
―――――――――――――――――――――――――――――――
10 平野夏海
13 小武芽生
18 野中生萌
26 伊藤ふたば

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ