トップページ  >  ニュース一覧  >  リードワールドカップ第5戦中国・アモイで本間大晴が銀メダル

リードワールドカップ第5戦中国・アモイで本間大晴が銀メダル

2019年10月22日

文=北山 真  写真=Eddie Fowke/IFSC

大詰めとなったリードクライミングワールドカップシリーズ2019第5戦、中国・厦門(アモイ)大会で本間大晴(20)が、初の表彰台で銀メダルを獲得した。楢﨑智亜が銅メダル、女子では野口啓代が銀メダルとなった。


銀メダルを獲得した本間大晴

優勝はアダム・オンドラと韓国のソ・チェヒョンで、どちらも最終戦を待たずに年間チャンピオンに輝いた。


男子表彰台(左から本間大晴、アダム・オンドラ、 楢﨑智亜)


女子表彰台(左から野口啓代、ソ・チェヒョン、キム・ジャイン)

大会は全体に同着が多く、女子セミファイナルではなんと16名が同じ場所(甘いピンチへのデッド)で落ちた。これは史上最大のタイかもしれない。森秋彩もこの中に入ったが、予選トップなので通過。男子もアダム・オンドラを含む9名が上部の同じ場所でフォール。ここを抜け出したのは原田海のみであった。日本人は男子4名、女子3名がファイナルへ進み、多くの選手が好成績を残した。

なお、同時に開催されたスピードクライミングワールドカップで、インドネシアのアリエス・スサンティ・ラハユーが6秒99をマーク、男子の5秒台に続き、女子もついに6秒台時代に突入した。


女子スピードで優勝したアリエス・スサンティ・ラハユー

男子

1 アダム・オンドラ(CZE)
2 本間大晴
3 楢﨑智亜
4 原田 海
5 アルベルト・ヒネス・ロペス(ESP)
6 楢﨑明智
7 ジェシー・グラッパー(USA)
8 ショーン・ベイリー(USA)

女子

1 ソ・チェヒョン(KOR)
2 野口啓代
3 キム・ジャイン(KOR)
4 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO)
5 谷井菜月
6 ルカ・ラコヴェック(SLO)
7 ジャン・ユェトン(CHN)
8 イェヴゲニア・カズベコワ(UKR)
9 森 秋彩

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ